★★★作品

2007/01/19

大いなる休暇

「大いなる休暇」★★★
(DVD)2003年カナダ
監督:ジャン=フランソワ・プリオ
脚本:ケン・スコット
出演:レイモン・ブシャール デヴィッド・ブータン
   ブノワ・ブリエール ピエール・コラン

詳しくはこちらで・・・
大いなる休暇@映画生活

本当にそれで良かったのか。そういう思いが残り続ける。仕事のない島で生活を続けるために、ジェルマン(レイモン・ブシャール)たちは工場を誘致しようと悪戦苦闘する。医師を確保するために、常軌を逸した嘘を突き通す。

そのドタバタぶりが笑いを産むのであるが、そもそも工場誘致が正しい解決策であったのか。無論、直近では職を得て、安定した生活を送ることができよう。

だが、10年、20年先はどうなるであろう。企業というものは業績次第で地元の意向など考えなく、簡単に工場の閉鎖や移転を行ってしまうものだ。非情と言われるかもしないが、企業とはそういうものである。誘致を行う際には、そのことを充分に考えなければならないが、彼らにそうした視点は感じられない。

それをおとぎ話のようにめでたし、めでたしとして終わっていいのだろうか。彼らの行った苦労が、すぐに無駄になりそうで、心が落ち着かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

小さき勇者たち~ガメラ~

「小さき勇者たち~ガメラ~」★★★
(名劇1)2006年日本
監督:田崎竜太
脚本:龍居由佳里
出演:富岡涼 夏帆 津田寛治 寺島進

詳しくはこちらで・・・
小さき勇者たち~ガメラ~@映画生活

父親(津田寛治)に止められながらも戦闘中のガメラの元へ駆け寄ろうとする少年透(富岡涼)。その場面が何度も繰り返される。

近くに行ったとしても何もできないではないか。思慮の足りない愚かな行為であるとするのは容易い。だが、そうせざるを得ない心情というものもあるであろう。ピーター・ジャクソン監督の「キング・コング」(2005)で、どこまでもコングを追い駆けていくアンの姿を思い出す。

ガメラへ赤く輝く謎の鉱石を届けようとする子供たちのリレー。そして、ガメラを守ろうとする子供たちのバリケード。それはそれで感動的なシークエンスになっているが、どうも曖昧な印象を持つ。

何故、子供たちがそこまでしてガメラと共鳴しているのか。それはガメラの立ち位置にも関連する。何故、人間たちを守って、巨大生物と対峙するのか、終始分らない。

ガメラを安易に子供のヒーローとしてしまうことが物語を弱くしている。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006/06/27

プロデューサーズ

「プロデューサーズ」★★★
(盛岡フォーラム1)2005年アメリカ
監督:スーザン・ストローマン
脚本:メル・ブルックス トーマス・ミーハン
出演:ネイサン・レイン マシュー・ブロデリック
    ユマ・サーマン ウィル・フェレル

詳しくはこちらで・・・
プロデューサーズ@映画生活

所詮、虚構の世界と分っていても、その中に人生の真理があるから、人は映画や芝居に魅了されてしまうのだろう。

嘘で固められたようなマックス(ネイサン・レイン)の言葉に、レオ(マシュー・ブロデリック)や老婦人の出資者たちが乗ってしまうのも、嘘とは分っていてもなお自分の信じていたい夢の一部を刺激するからだと思う。

本作品の面白さは、最低に最低を掛け合わせていくと逆に最高になってしまうところであろう。反対に言えば、最高に最高のものを掛けていっても、最低のものしか出来上がらないかもしれないということだ。プロデューサーの妙味は、それらをいかに掛け合わせるか決められるところにある。

メル・ブルックス監督のオリジナル版(1968)を既に見ているので、ドラマ展開に驚きは感じられない。鑑賞後に様々なレビューに目を通すと、舞台劇をそのまま映像化したことに賛否評論分れているようだ。楽曲の素晴らしさは認めるが、映画としての深みのなさがマイナスとなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2005/08/10

フレンチなしあわせのみつけ方

「フレンチなしあわせのみつけ方」★★★
(シネ・アミューズ/ウェスト)
2004年フランス 監督:イヴァン・アタル
出演:シャルロット・ゲンズブール イヴァン・アタル
   アラン・シャバ エマニュエル・セニエ

パリの自動車販売会社に勤めるヴァンサンは、不動産会社で働く妻ガブリエルと小学生の一人息子ジョゼフの3人暮らし。誰もが羨ましがる温かい家庭を築いているように見えるが、ヴァンサンはエステティシャンの愛人を作っていたのだ。それにガブリエルは薄々と気がついているのだが…。

壜などから服の上に水をかけるというシーンが何度も挿入されている。これは理性という構えた気持ちを打ち破り、本心をさらけ出そうとする試みではないだろうか。

しかし、ドラマにメリハリがないのかバランスが悪いのか、上映時間以上に長く感じた。それはこれで話が終わるのかなぁと思っていると、そこからまた違う話が始まっていくことが続いたせいであろう。

個々のエピソードは面白いものもあるが、時系列をバラバラにした構成が分りにくいものにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/05/06

ホワイトナイツ 白夜

「ホワイトナイツ 白夜」★★★(BS)
1985年アメリカ 監督:テイラー・ハックフォード
出演:ミハイル・バルシニコフ グレゴリー・ハインズ
   イザベラ・ロッセリーニ イエジー・スコリモフスキー

ソ連からアメリカに亡命した著名なバレエ・ダンサー、ニコライ。彼の乗った旅客機がエンジン不良のためソ連の空軍基地に緊急着陸した。彼はKGBのチャイコ大佐に拘束されてしまう。彼を母国に取り戻そうと画策する大佐は、アメリカから亡命してきた黒人のタップダンサー、レイモンドを監視役につけるが…。第58回アカデミー賞でライオネル・リッチーの歌う「セイ・ユー・セイ・ミー」が歌曲賞を受賞。

ソ連もKGBも消滅してしまった現在、ある種の懐かしさを覚える。だが、「自由を求める戦い」は今日でも延々と続いている。ここで言う自由とは、芸術、思想などの事である。どんな国でも、大なり小なり権力によってそれらは規制されており、「自由を求める戦い」は普遍的なテーマとして成立するのであろう。

ソ連から亡命した過去を持つM・バルシニコフ。フィクションを越えたリアルな心情が伝わってくる。G・ハインズとのダンスシーンは圧巻であった。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/04/03

サンダーバード

「サンダーバード」★★★(DVD)
2004年アメリカ 監督:ジョナサン・フレークス
出演:ビル・パクストン アンソニー・エドワーズ
ソフィア・マイルズ ベン・キングズレー

億万長者で元宇宙飛行士のジェフ・トレイシーは、謎の無人島を拠点に4人の息子とともに国際救助隊サンダーバードを組織し、世界中の災害救助活動に当たっていた。5男で14歳のアランは年少のため隊への加入を認められなかった。ある日、サンダーバードに怨みを持つフッドが基地を襲撃するが…。

この実写版では国際救助隊の活躍というよりも、番外編のような子供達を中心にするドラマ展開に批判が多く集中しているようである。

まぁ、最低限それを認めたとしても、私が納得できないのはクライマックスで超能力者同士の戦いにしてしまった事。これならサンダーバードである必然性はない。オリジナルメカの活躍をもっと見たかった。

オープニングタイトルのサイケ調なアニメーションが良かった。

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2005/02/21

トッポ・ジージョのボタン戦争

「トッポ・ジージョのボタン戦争」★★★
(盛岡フォーラム1)
1967年日本 イタリア 監督:市川崑
アニメ:(盛岡フォーラム・アニメオールナイトより)

とある街の片隅で、寂しい独身生活を送っていたネズミのトッポ・ジージョ。彼はある晩、眠れずに街中をフラフラ
さまよっていて赤い風船に出会う。その風船を気に入ったジージョは一緒に夜の街を散歩することにするが…。

普通のアニメ作品と思うと大いに裏切られる。これは市川崑監督作品として観るべきものなのだ。

シルエットやシャドーを多用したライティング、切り返しの効いたカメラワーク。そこに市川監督らしい斬新さを感じる。

この暗さが最初から悲劇を予感させて哀しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

ポルターガイスト

「ポルターガイスト」★★★(DVD)
1982年アメリカ 監督:トビー・フーパー
出演:ジョベス・ウィリアムズ クレイグ・T・ネルソン
    ヘザー・オルーク ビアトリス・ストレイト

郊外の宅地開発の行なわれた1区画に住むスティーヴ一家。ある夜、放送が終了して何も写ってないテレビ画面と、5歳の末娘キャロル=アンが言葉を交わしていた。翌日から異常な現象が家の中で続くのだが…。

クライマックスの展開は遊園地のアトラクションのようで、リアルな恐怖というよりも作り物を楽しむという感じでした。

プロデューサー、スピルバーグの陽性とT・フーパー監督のグロテスクな陰性がうまくミックスされている感じです。

本作と同じ町でスピルバーグ監督の「E.T.」も撮影されていたと言うのがちょっと面白い裏話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/14

Dr.Tと女たち

「Dr.Tと女たち」★★★(DVD)
2000年アメリカ 監督:ロバート・アルトマン
出演:リチャード・ギア ヘレン・ハント
    ファラ・フォーセット ローラ・ダーン

Dr.Tはダラスの産婦人科医。女性の悩みを親身になって聞いてくれることで、医院はさまざま思惑を胸に秘めた女性たちで毎日大盛況している。娘のディーディーの結婚が近付いたある日妻のケイトが異常な振る舞いを行うが…。

ダラス中の女性のことならなんでも分っていると自負しているDr.T(R・ギア)であるが、実は自分の家族の女性達のことを何も分っていなかったという皮肉。

それが娘の結婚を契機に一気に噴出してくる。クライマックスで嵐に巻き込まれていくのが、実に象徴的である。

知っているということは、何も知らないことでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/13

バレエ・カンパニー

「バレエ・カンパニー」★★★(盛岡フォーラム3)
2003年アメリカ 監督:ロバート・アルトマン
出演:ネーヴ・キャンベル マルコム・マクダウェル 
    ジェームズ・フランコ バーバラ・ロバートソン

シカゴに本拠地を置く名門バレエ・カンパニー“ジョフリー・バレエ・オブ・シカゴ”。芸術監督のミスターAの指揮の
下、新たなシーズンが幕を開ける。ダンサーのライは主役の怪我により思わぬチャンスが到来するが…。

バレエに詳しい人の批評を読むと、ネーヴ・キャンベルがあの踊りと体型で主役に抜擢される事自体に無理があ
るという。私から見ればどこに違いがあるのか、さっぱり分からないのだが。

そのために無理なく映画の中に入り込む。ドキュメンタリーのような作りが、過剰なドラマ性を削ぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧