« 世界から猫が消えたなら | トップページ | 判決、ふたつの希望 »

2018/10/02

ひるなかの流星

ひるなかの流星 ★★★★

『四月は君の嘘』の新城毅彦監督がやまもり三香の同名コミックスを映画化した青春ラブストーリー。田舎でのんびりと暮らしていた少女が両親が海外に転勤になり東京に住む叔父に預けられる事になる。風変わりな担任教師と女嫌いの同級生の間で揺れる姿を微笑ましく描く。

好きだという感情はコントロール出来るものではなく、理屈では説明できない。そこで悩んでも仕方ないのだ。だから、思いが叶わない状況であったとしても無理に諦めようとかせず、好きであるという宝物を大切にしていけばいい。その真っ直ぐな気持ちは次に繋がっていく。

2018/9/23(日)
Amazon プライムビデオ

|

« 世界から猫が消えたなら | トップページ | 判決、ふたつの希望 »

★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひるなかの流星:

« 世界から猫が消えたなら | トップページ | 判決、ふたつの希望 »