« 2012年1月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018/10/18

リトル・マエストラ

リトル・マエストラ ★★★

『チェスト!』の雑賀俊郎監督による石川県志賀町を舞台としたご当地音楽ドラマ。過疎化が進む港町に数十年続くアマチュア・オーケストラがあったが、楽団をまとめる指揮者が休止してしまい孫娘をその後釜に迎えようとする事から始まる荒波の日々を感動的に描く。

自分の当たり前は他者の当たり前ではない。だから、自分の思いを出来るだけ正確に伝える努力をしなければならない。彼女は深い絶望の中にいた。自分の音楽を共鳴してくれる仲間に逢えなかった。誤解から始まる物語であるが、動く事によって何かが変わる起点になるのだ。

2018/10/7(日)
Amazon プライムビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/16

31年目の夫婦げんか

31年目の夫婦げんか ★★★

『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督による夫婦ドラマ。結婚生活31年目を過ぎて子供たちは独立し二人だけで毎日同じ生活を繰り返すだけの夫婦。関係を見直すべく結婚生活のカウンセリングを受ける事から始まる衝突の日々を切実に描く。

毎日が同じように過ぎている訳でない。安定した生活の中でも、必ず変化の兆しがある筈だ。自分自身の楽しみに目を奪われ、それを見逃し続けていると、大変な事態を招く事になる。特別な何かを施すのではない。ただ、一言、声をかけるだけで、気持ちは伝わる筈だ。

2018/10/7(日)
衛星放送録画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オケ老人!

オケ老人! ★★★★

『ぱいかじ南海作戦』の細川徹監督が荒木源の同名小説を映画化した音楽ドラマ。勘違いから老人ばかりのアマチュア・オーケストラに入団してしまった女性がライバル楽団との対立などに振り回されながらも互いに切磋琢磨していき楽団して成長を遂げる様を微笑ましく描く。

何のために音楽を奏でるのだろうか。自分の演奏技術を高めたいという思いもあるだろうが、それは手段であるしかない。彼女は間違って加入する事になったオーケストラで予想外の苦労を背負う。だが、そんな日々の中で自らの音楽の理由を見つけていくのだった。

2018/10/6(土)
Amazon プライムビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/11

寝ても覚めても

寝ても覚めても ★★★★★

『ハッピーアワー』の濱口竜介監督が柴崎友香の同名小説を映画化した恋愛ドラマ。突然姿を消してしまった恋人の痛手から立ち直れないまま、大阪から東京へ移り住んだ女性が仕事先で恋人と同じ顔を持つ男性で出会った事から始まる心の軌跡をスリリングに描く。

彼女は躊躇しない。瞬間的に全てを捨て去る事ができてしまう。まっすぐに手を伸ばしていく力強さは麦とそっくりである。だから、共鳴できるように惹かれ合ったかもしれないが、長くは続かないものだ。亮平との新しい時間は彼女の違う側面を導き出した。

2018/10/6(土)
シネマート心斎橋-01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔 ★★★★

『マイアミ・ラプソディー』のデヴィッド・フランケル監督がローレン・ワイズバーガーの同名小説を映画化した女性ドラマ。ジャーナリストを目指す女性が業界に絶大な影響力を誇るファッション雑誌の編集長のアシスタントに就いた事から起こる激動の日々を華やかに描く。

これは自分のやりたい仕事ではない。そう言い訳していると何も成し遂げる事などできない。不本意でも構わないではないか。一つの仕事を通じて得るものは必ずある。もし、本当にやりたいものがあるのら、ステップアップしていく道を探るべきだ。

2018/9/30(日)
Amazon ビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/05

マイ・インターン

マイ・インターン ★★★★★

『恋するベーカリー』のナンシー・マイヤーズ監督によるハートフルドラマ。ファッション通販サイトを運営している女性が短期間で会社を成功させ公私ともに大きな問題に直面するが、シニア・インターン制度で採用した70歳の男と出会い再生していく姿を温かく描く。

人は生きている限り苦悩を続ける。人がうらやむような成功を遂げていたとしても、安穏としている時間は短い。彼女はすべてを抱え込んでうまく対応できなくなっていた。思わぬ出会いが彼女をリセットさせた。心に余裕を取り戻し、果敢に判断を下す力を取り戻す。

2018/9/29(土)
Amazon ビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/04

ハナミズキ

ハナミズキ ★★★

一青窈の代表曲である『ハナミズキ』をモチーフにした純愛ラブストーリー。北海道で東京の大学受験を目指す少女と漁師の家業を継ぐために励んでいる少年との10年の時をかける想いを切なく描く。監督は『いま、会いにゆきます』の土井裕泰。

住む環境が違ってしまえば価値観も変化していく。それを成長と呼ぶが、受け止める度量が必要だ。二人は、あの時、別れるしかなかったかもしれないが、それも無駄ではなかった。相手の気持ちと自分の気持ちのバランスが見極められるようになり、二人は静かに向き合う。

2018/9/24(月)
衛星放送録画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判決、ふたつの希望

判決、ふたつの希望 ★★★★★

レバノン映画として初めて外国語映画賞にノミネートされるなど国際的に高い評価を獲得したジアド・ドゥエイリ監督の法廷ドラマ。キリスト教徒であるレバノン人男性とパレスチナ難民の男性との口論が裁判沙汰となり、やがて全国的な事件へと発展していく姿を描く。

知ってしまえば同じ人間である。差別的発言はいつの時代でも許されるものではない。けれど、直視したくない事実から目を背けていたいだけかもしれない。それぞれの生涯を理解する事など不可能だが、そこに隠された何かがあるのではと推察するだけでも違うだろう。

2018/9/24(月)
大阪ステーションシティシネマ-07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/02

ひるなかの流星

ひるなかの流星 ★★★★

『四月は君の嘘』の新城毅彦監督がやまもり三香の同名コミックスを映画化した青春ラブストーリー。田舎でのんびりと暮らしていた少女が両親が海外に転勤になり東京に住む叔父に預けられる事になる。風変わりな担任教師と女嫌いの同級生の間で揺れる姿を微笑ましく描く。

好きだという感情はコントロール出来るものではなく、理屈では説明できない。そこで悩んでも仕方ないのだ。だから、思いが叶わない状況であったとしても無理に諦めようとかせず、好きであるという宝物を大切にしていけばいい。その真っ直ぐな気持ちは次に繋がっていく。

2018/9/23(日)
Amazon プライムビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら ★★★

『ジャッジ!』の永井聡監督が川村元気の同名小説を映画化。余命わずかと宣告された男が自分そっくりの悪魔から、世界からひとつ何かを消すと、1日寿命が伸びるという提案を受けて、失っていく物の中から大切な想いを取り戻していく姿を静謐に描く。

どうして気がつくことができなかったのだろう。彼は一つの側面だけしか見ていなかった。早く亡くってしまった母への追慕が父への反発に繋がった。だが、父の真意は随所に現れていた。点が線になっていった時、見えなかったもう一つのドラマが始まる。

2018/9/23(日)
Amazon プライムビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/01

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕 ★★★★

ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を実写映画化。大人になったクリストファー・ロビンとプーが奇跡的な再会を果たし、忘れていた大切なものを思い出していく姿をファンタジックに描く。監督は『チョコレート』のマーク・フォースター。

家族のためであるとか大義名分を立てて、辛い仕事を我慢する。閉塞感で身動きの取れないでいる姿を喜ぶ家族などいない。こうした矛盾が往々にして起こるが、目的と手段が混同してしまうからだろう。プーさんの問い掛けは彼をリセットさせることになる。

2018/9/17(月)
TOHOシネマズ梅田-01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2018年11月 »