« 愛する人 | トップページ | タイタンの戦い »

2011/04/04

ソルト

335434_01_13_02

製作年:2010年
製作国:アメリカ
監 督:フィリップ・ノイス

二重スパイの容疑をかけられ、仲間たちから追跡されることになるCIA分析官。着々と迫る大統領暗殺の危機。決死の逃亡劇の末に明かされる驚愕の真実。

例えば『逃亡者』(1993)のように、逃亡を続けながら無実であることを明らかにしていく定番の逃亡劇かと思っていると、その枠組みがどんどん崩れていっていく。右に曲がって行くのかと思うと、フルスピードで左へ駆け抜けてしまう感じ。そんな意外性が面白かったとは言えるが、後から粗筋を追認していくと、ずいぶんと大がかりで無理のある陰謀劇であることに気付く。

現実味が乏しいというマイナス点もあるが、アンジェリーナ・ジョリーという極めて個性的な女優の雄姿を見られるという楽しさが勝っていると思う。

|

« 愛する人 | トップページ | タイタンの戦い »

製作年:2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/51302985

この記事へのトラックバック一覧です: ソルト:

« 愛する人 | トップページ | タイタンの戦い »