« ウッドストックがやってくる! | トップページ | ソルト »

2011/03/29

愛する人

337717_01_06_02

製作年:2009年
製作国:アメリカ/スペイン
監 督:ロドリゴ・ガルシア

14歳という若さゆえ生まれたばかりの我が子を里子に出さなければならなかった母。暖かい家庭の愛情を知らずに孤独に心を閉ざした娘。37年の時間を経て二人が迎える人生の転機。

ロドリゴ・ガルシア監督の繊細な女性像の描写は極めて魅了的であり、『彼女を見ればわかること』(1999)、『美しい人』(2005)にも大いに感心してきたが、本作品も期待を裏切らない。

カレン(アネット・ベニング)にしろ、エリザベス(ナオミ・ワッツ)にしろ、大きな心の傷のダメージから、人間関係を潤滑に送れない欠落を抱えている。時にひどい行為も犯してしまうが、それすらも哀しく映る。互いに相手を探し始めるのに、37年もかかったのはあまりに長すぎる空白期間であるが、探そうと決意したところから、彼女たちの再生は始まった。

|

« ウッドストックがやってくる! | トップページ | ソルト »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/51249430

この記事へのトラックバック一覧です: 愛する人:

« ウッドストックがやってくる! | トップページ | ソルト »