« アリスの恋 | トップページ | モンガに散る »

2011/02/13

最後の忠臣蔵

336590_01_05_02

製作年:2010年
製作国:日本
監 督:杉田成道

故あって、赤穂浪士でありながら名誉の死を果たせなかった二人の男。忠義を忘れず私心を捨て、自らの使命を全うするべく生き抜いた瀬尾孫左衛門(役所広司)。その過酷な人生を見守る寺坂吉右衛門(佐藤浩市)。

愚直といえばあまりに愚直。いくら主君大石内蔵助(片岡仁左衛門)の申し付けとは言っても、再会した吉右衛門に対して問答無用の斬り合いに望む孫左衛門の姿には、共感よりも痛々しさを覚える。そんな彼であるから可音(桜庭ななみ)の祝言の後、自分の人生を再スタートしても良い筈なのに、忠義の道を選んでしまうのだ。

それはそれでいいのだが、残された可音やゆう(安田成美)のことを思うと、すっきりしないものが残り続ける。

|

« アリスの恋 | トップページ | モンガに散る »

製作年:2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/50861911

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の忠臣蔵:

« アリスの恋 | トップページ | モンガに散る »