« アンストッパブル | トップページ | ソーシャル・ネットワーク »

2011/02/28

BOX 袴田事件 命とは

336399_01_04_02

製作年:2010年
製作国:日本
監 督:高橋伴明

人が人を裁くことの重さと困難さ。警察捜査への重大な疑問点。決して消し去ることができない苦悩。

日本の裁判制度に対して疑問符を投げかけたのは周防正行監督の『それでもボクはやってない』(2007)であったが、本作品もそれに続くものである。実際の死刑判決を下した元裁判官の告発を受けて製作された本作品は、いかにして冤罪が生まれていくのか、克明に描写されている。

熊本典道(萩原聖人)のように苦悩するものが少数派であり、ほとんどは膨大な仕事量の中に埋没してしまう。自分が当事者となってと想像するだけに身震いが起こるようである。この悲劇は珍しいことでない。

|

« アンストッパブル | トップページ | ソーシャル・ネットワーク »

製作年:2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/50998200

この記事へのトラックバック一覧です: BOX 袴田事件 命とは:

« アンストッパブル | トップページ | ソーシャル・ネットワーク »