« ゲゲゲの女房 | トップページ | 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 »

2011/01/13

さんかく

336066_01_02_02

製作年:2010年
製作国:日本
監 督:吉田恵輔

彼女の妹である15歳の少女に本気で惚れてしまう男。無自覚にも姉の同棲相手を翻弄してしまう少女。離れていく男を諦めきれず、どこまでも追い掛けていく女。

何も根拠がないのに自分に自信を持ち過ぎる百瀬(高岡蒼甫)。自分自身に自信が持てず恋人や友人の存在に依存してしまう佳代(田畑智子)。全く対照的なカップルが気付かぬ内に、ストーカー行為と言えるような行為を繰り広げていく。百瀬が追いかえる佳代の妹、桃(小野恵令奈)が、どこまで自覚的か分からないのも興味深い。一方方向に走り続ける二人は、自分の姿が全く見えていないのだ。

ラスト・シーンが秀逸。題名通り“さんかく”の位置で立ち尽くしながら、視線が定まらず不安定のまま。そんな中、ふと笑顔を浮かべる佳代に、混沌から抜け出した精神的強さを感じられた。

|

« ゲゲゲの女房 | トップページ | 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 »

製作年:2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/50577788

この記事へのトラックバック一覧です: さんかく:

« ゲゲゲの女房 | トップページ | 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 »