« 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 | トップページ | 白いリボン »

2011/01/17

ザ・ロード

335576_01_01_02

製作年:2009年
製作国:アメリカ
監 督:ジョン・ヒルコート

文明が崩壊し荒廃し尽くしたアメリカ大陸。わずかな希望を胸に南へ向かい旅を続ける一組の父子。飢えや寒さ、暴徒たちの襲撃、心休まる日のないサバイバルの日常。

極限状態に置かれたとき、何を基準に判断すればいいのだろうか。母親(シャーリーズ・セロン)のように、希望を失い自殺の道を選ぶのか。父親(ヴィゴ・モーテンセン)のように、息子を守り抜くため旅に出るか。普通に考えれば、父親の方が正しいと思えるけれど、人肉を食べる暴徒たちを相手に旅を続けるのは、あまりに過酷なことである。

いざ、自分の身に何かあれば、幼い息子が一人きりで放り出させることになる。さすれば、母親の思いもあながち否定できるものではない。どちらが正しくて、どちらが間違っているのかという問題ではないのだ。それぞれの思いで選び取るしかないのだ。

|

« 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 | トップページ | 白いリボン »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/50615439

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ロード:

« 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 | トップページ | 白いリボン »