« ザ・ロード | トップページ | ヒックとドラゴン »

2011/01/18

白いリボン

336174_01_02_02

製作年:2009年
製作国:ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア
監 督:ミヒャエル・ハネケ

第一次世界大戦前夜、北ドイツの小さな田舎町。次々と連鎖的に起こる不可解な事件。それによって引き起こされる村人たちの疑心暗鬼。

何故、こんなことが起きてしまうのか。悪意の連鎖は権力側だけでなく弱者側にも及んでいる。犯人が誰であるかは、早々に暗示される。だが、何のためにそんな事件を引き起こしているのか、目的がはっきりしない。そこに底知れぬ恐れを感じてしまうのだ。

すべて人々が幸せに暮らしていける理想郷というのは、どんなに探しても見つからないかもしれない。どこの世界にも抑圧された人々が存在する。だから、抑圧のレベルを判断できる知識を、我々は持たなければならないのだ。

|

« ザ・ロード | トップページ | ヒックとドラゴン »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/50623742

この記事へのトラックバック一覧です: 白いリボン:

« ザ・ロード | トップページ | ヒックとドラゴン »