« 何も変えてはならない | トップページ | ナイト & デイ »

2010/10/12

君に届け

336633_01_01_02

製作年:2010年
製作国:日本
監 督:熊澤尚人

“貞子”と恐れられる常人離れした佇まい。その裏に隠された人を思い遣るピュアな心。初恋を優しく見守る桜の木。

原作コミックを読んだことがないので、予告編の印象とは全く違うヒロイン黒沼爽子(多部未華子)のキャラクターには驚いた。よくぞここまでコミュニケーション不全に陥りながら、学園生活を一人で送れるものだと感心する。現実ではありえない純情さは、ある種の壁を作り強固に彼女の神経を守っているのかもしれない。

それにしても爽子の母親役が富田靖子であるとは全く分からなかった。エンドクレジッドを見て初めて気付く。最後にもう一度登場し、その横顔に面影を認められるが、ずいぶん変わったものだ。「アイコ十六歳」(1983)や「さびしんぼ」(1985)の彼女が母親になっているとは。実に感慨深い。

|

« 何も変えてはならない | トップページ | ナイト & デイ »

製作年:2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/49725121

この記事へのトラックバック一覧です: 君に届け:

« 何も変えてはならない | トップページ | ナイト & デイ »