« アリス・イン・ワンダーランド | トップページ | 無防備 »

2010/07/18

第9地区

335765_01_04_02

製作年:2009年
製作国:アメリカ/ニュージーランド
監 督:ニール・ブロンカンプ

いろいろ考えてみると「アバター」(2009)と共通するポイントがいくつか見つかる。多国籍企業による大規模な搾取。建前よりも実益を求めての強制移住。人類とエイリアンとの混合する新種のDNA。圧制者から非圧制者への転身。エイリアンへの深い共感。割と近い期間で公開されたSF映画で同じような視点で語られているのが、実に興味深い。今の世界情勢に警鐘を鳴らす思いが込められているのではないか。

本作品で言えば、秀逸な舞台設定が効いており、エイリアンを移民と容易に変換できる。ドキュメンタリー調から始まる映画がアクション映画へ変わっていくのは評価の分かれるところ。私としてはドキュメンタリー調のまま進めて欲しかった。

|

« アリス・イン・ワンダーランド | トップページ | 無防備 »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/48910320

この記事へのトラックバック一覧です: 第9地区:

« アリス・イン・ワンダーランド | トップページ | 無防備 »