« ハリウッド監督学入門 | トップページ | 50歳の恋愛白書 »

2010/03/12

スリ

Contents_xl

製作年:2000年
製作国:日本
監 督:黒木和雄

黒木和雄監督は本作品以降、「美しい夏キリシマ」(2002)、「父と暮せば」(2004)、「紙屋悦子の青春」(2006)と、続けさまに太平洋戦争末期の市井の人々を描ききって逝去された。だが、本作品の前は、「浪人街 RONINGAI」(1990)を最後に10年間も作品を発表されなかった。作りたくても出来なかったのか詳しい事情は分からないが、監督の思いが本作品の主人公、海藤(原田芳雄)と重なり見えて仕方がなかった。

凄腕のスリでありながら、アルコール中毒になってしまい満足に仕事も出来なくなってしまった男。ヒモ同然で暮らす日々に飽き足らず、再起を目指す話である。個々のエピソードを含め、思い通りには生きられない人生の苦みが強い作品になっている。海藤にどんな結末が待っているか、ここでは記さないが、黒木和雄監督は見事に復活を遂げた。そのことを喜びたい。

|

« ハリウッド監督学入門 | トップページ | 50歳の恋愛白書 »

製作年:2000年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/47793974

この記事へのトラックバック一覧です: スリ:

« ハリウッド監督学入門 | トップページ | 50歳の恋愛白書 »