« 牛の鈴音 | トップページ | カティンの森 »

2010/02/11

私は猫ストーカー

製作年:2009年
製作国:日本
監 督:鈴木卓爾

ハル(星野真里)が街で出会う猫たちと接するマナーを鈴木(宮崎将)に教える場面が面白い。本当に猫好きであれば、そんなことは自明のことである。ただ、ハルに想いを寄せている鈴木は彼女と一緒に過ごす時間が楽しくてたまらない様子であった。こうして恋愛初期には、無理なく自然に相手の好みと合わすことができる。だが、付き合いが深まっていけば、自分の好みと相手の好みの違いが明らかになり、自然と距離を置くようになるのであろう。

ハルが自分で栽培した林檎を送る元の恋人と別れてしまったのか明らかにされていないが、おそらくそんな理由ではないだろうか。猫は極めてマイペースな生き物。自分勝手に手を伸ばしても身体に触らせてはくれない。猫と上手に付き合えるならば、人間関係の悩みも克服できるのでないか。

|

« 牛の鈴音 | トップページ | カティンの森 »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/47535088

この記事へのトラックバック一覧です: 私は猫ストーカー:

« 牛の鈴音 | トップページ | カティンの森 »