« ぼくたちと駐在さんの700日戦争 | トップページ | ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン »

2010/01/08

フェイク シティ ある男のルール

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監 督:デヴィッド・エアー

いかにもジェームズ・エルロイが生み出した主人公である。トム・ラドロー(キアヌ・リーヴス)は、“LA暗黒四部作”の中で登場したとしても、何の遜色もない男だ。浮気している最中に容体が急変し、病院の前に投げ捨てられたまま死んでしまった妻の存在。この過去を消し去るが如く、トムは犯罪捜査にのめり込んでいく。“正義のためには手段を選ばない一匹狼”というありきたりな男ではないのだ。

妄執にとらわれたまま危険な事件を解決していくが、それが何の助けになっていないところが空しい。周囲の情勢も見極められず、かつてのパートナー、テレンス・ワシントン(テリー・クルーズ)を誤解したまま見殺しにしてしまう事態に。そこで、彼の心の中で何かが目覚める。誰も望まない事件の捜査に猛進していくのだ。最後にたどりつく答えは、大概の観客が予感していたとおり、意外性はない。ただ、その黒幕も妄執にとらわれた男であり、このあたりもやはりエルロイらしいと思った。

|

« ぼくたちと駐在さんの700日戦争 | トップページ | ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/47238571

この記事へのトラックバック一覧です: フェイク シティ ある男のルール:

« ぼくたちと駐在さんの700日戦争 | トップページ | ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン »