« パブリック・エネミーズ | トップページ | チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 »

2010/01/31

ジュリー & ジュリア

Juliejulia

製作年:2009年
製作国:アメリカ
監 督:ノーラ・エフロン

この作品を見ていて思い出すのは「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(2008)のエイプリル(ケイト・ウィンスレット)や、「ボヴァリー夫人」(2009)のエマ(セシル・ゼルヴダキ)のことである。理想と現実のギャップに悩み苦しんでいるのは、本作品のジュリア(メリル・ストリープ)やジュリー(エイミー・アダムス)も一緒である。その出発点からどうして、ハッピーエンドにならず悲劇的な道を歩んでしまったのか。

エイプリルは生活を変えるためパリ移住にこだわり、エマは都市生活を享受するため夫の財産を使い果たす。彼女たちは現実を迷妄で歪めてしまったのだ。他者の力ではなく自分の出来る力で何かを成し遂げようとする。そうしなければ、理想へ辿りつける道は見つからない。

|

« パブリック・エネミーズ | トップページ | チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/47444517

この記事へのトラックバック一覧です: ジュリー & ジュリア:

» 『ジュリー&ジュリア』 [Cinema + Sweets = ∞]
ずっと観よう、観ようと思っていたのに時間があわずに観られなかった『ジュリー&ジュリア』。 新宿武蔵野館での最終上映日だったと思われる2/4にやっとのことで観てきましたー。 料理とブログを題材にしている映画、とっても興味深い感じで観られました。 ***************... [続きを読む]

受信: 2010/03/20 00:22

« パブリック・エネミーズ | トップページ | チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 »