« 戦場でワルツを | トップページ | 脳内ニューヨーク »

2010/01/26

千年の祈り

製作年:2007年
製作国:アメリカ/日本
監 督:ウェイン・ワン

アメリカで一人暮らしをする娘を心配して、北京からはるばるやって来る父。粗筋だけをたどっていけば、小津安二郎監督の「東京物語」(1953)の亜流かと予想しておりました。シー氏(ヘンリー・オー)とイーラン(フェイ・ユー)の思いは、最初から終盤まで平行線を辿り、重なり合うことがない。二人はアメリカの自由社会と中国の伝統社会の象徴と言ってもよいが、それだけでは終わらない。

問題を抱えていたのはイーランだけでなかった。シー氏にも拭い去れない過去がある。それが為に、コミュニケーション不全が起きていたのだ。こうして物語は別の側面が浮かび上がってくる。やはり映画は見てみないと分からないものだと実感しました。

|

« 戦場でワルツを | トップページ | 脳内ニューヨーク »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/47392975

この記事へのトラックバック一覧です: 千年の祈り:

« 戦場でワルツを | トップページ | 脳内ニューヨーク »