« 気球クラブ、その後 | トップページ | 沈まぬ太陽 »

2010/01/13

イングロリアス・バスターズ

製作年:2009年
製作国:アメリカ
監 督:クエンティン・タランティーノ

脚本、俳優、映像、どれをとっても高水準の出来栄えであり、クエンティン・タランティーノ監督の集大成と呼んでもいい。これまで作ってきた映画が、どこかで繋がっているようにも感じられた。音楽の使い方もいつもながら絶妙だ。原曲の由来を知らなくても(知っているともっと興趣が増すのであろうが)、本作品の雰囲気を大いに高め、感心いたしました。

登場人物に共感を持つ、待たないに関わらず、いつの間にか惹きつけられてしまい、目が離せなくなる。とにかく、どこへ話が転がっていくかわからない。主役級の登場人物があっけなくフェードアウトしていくのだ。見る者の抱く定番を、次々に壊していく。こうした感覚って、ポン・ジュノ監督に少し似ていると思いました。

|

« 気球クラブ、その後 | トップページ | 沈まぬ太陽 »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/47286617

この記事へのトラックバック一覧です: イングロリアス・バスターズ:

« 気球クラブ、その後 | トップページ | 沈まぬ太陽 »