« タフ | トップページ | 2009年ベストテン »

2009/12/24

その日のまえに

製作年:2008年
製作国:日本
監 督:大林宣彦

ここ数年、意欲的に作品を発表し続ける大林宣彦監督であるが、全体的傾向として描写がくど過ぎるのではないだろうか。若者向けではなく、すべての観客層に受け入れられるように分かりやすさを追求しているのは、監督のインタビューを読んでいて分かるのであるが、あまりに過剰過ぎるのもどうかと思う。

本作品も、その流れから外れていない。この脚本を、139分ではなく、思い切って90分ぐらいまで凝縮させれば、かなり秀作になるのではないかと思わずにはいられない。宮沢賢治の「永訣の朝」を歌うシーンの反復が煩わしく感じられ、クライマックスの花火の場面も、もっと短くて良かったのではないだろうか。佐藤俊治(筧利夫)のエピソードをあえて削ったとしても、日野原健大(南原清隆)とその妻・とし子(永作博美)のドラマを弱らせることにならなかったはずだ。間延びしてしまった感じが拭えませんでした。

|

« タフ | トップページ | 2009年ベストテン »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/47105901

この記事へのトラックバック一覧です: その日のまえに:

« タフ | トップページ | 2009年ベストテン »