« TOKYO! | トップページ | その日のまえに »

2009/12/23

タフ

製作年:1989年
製作国:オランダ
監 督:イネ・スヘンカン

シネ・ヌーヴォの“オランダ映画特集2009”の中で上映されていた作品。こうした特集番組の楽しさは、前情報をほとんど知ることもなく真っ白な状態で映画にのぞめることにあると思います。たまたま上映時間の都合で選んだ本作品も、どんなジャンルか分からず、最初はコメディーかと思っていると、そんな生易しいものではなく、まさにタイトルどおりタフな状況が続いていく物語でありました。

アムステルダムの街を舞台に、自由をもて余して途方に暮れている若者たちを描いた群像劇。そうチラシ等に紹介されていますが、それは非常に断片的な側面しか触れておらず、あまり適した情報ではないと感じました。その施設の名称が正しく分かりませんが、社会的状況に傷ついた若者たちが日常生活に復帰するまでの一時避難所を巡る社会派ドラマでありました。

その職員たちも個性的でありますが、それを上回る若者たちの感情剥き出しの言動が圧倒的です。ほとんどの者が暖かい家庭環境を知らないためだろうか、自分の感情をコントロール出来ずに、怒ったり泣いたりして、周囲を翻弄させる。それは同時に自分自身の心も蝕んでいくことにもなり、あまりにひどい場合には精神病院に送らなければならず、全ての者を救えない虚無感も感じられました。

それでも、この施設があってなんとか立ち直ろうとする者もいる。そんな若者たちのために奔走する職員たちに感銘を受けました。

|

« TOKYO! | トップページ | その日のまえに »

製作年:1989年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/47094926

この記事へのトラックバック一覧です: タフ:

« TOKYO! | トップページ | その日のまえに »