« 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ | トップページ | 母なる証明 »

2009/11/30

わたし出すわ

製作年:2009年
製作国:日本
監 督:森田芳光

何故、摩耶(小雪)が友人たちにお金を振舞うのか。その理由は終盤には明らかにされるので、さほど重要なテーマではないと思う。ただ、その行為が正しいとは限らないことである。彼女は本当に必要としている者にお金を渡しているのではない。自分の感謝の気持ちとして、なかば押し付けのような形でも提供しているのである。

それは、川上孝(山中崇)の治療費や引っ越し屋さんの旅行費のように幸福へ繋がる場合もあれば、道上保(井坂俊哉)の妻かえで(小山田サユリ)のように不幸への道を作ってしまう場合もある。摩耶のように物欲に左右されない金銭感覚が、誰にも備わっていないのだ。お金は権力と同じだ。その力を正しく使えなければ、自ら滅ぼされてしまう。

|

« 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ | トップページ | 母なる証明 »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/46901916

この記事へのトラックバック一覧です: わたし出すわ:

« 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ | トップページ | 母なる証明 »