« ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ | トップページ | 純喫茶磯辺 »

2009/11/20

パラダイス・ナウ

製作年:2005年
製作国:フランス/ドイツ/オランダ/パレスチナ
監 督:ハニ・アブ・アサド

いまなお世界各地で起きている自爆テロ。その実行犯を描いた作品では「シリアナ」(2005)に衝撃を受けたが、本作品も相当に力のある映画である。イスラエルへの自爆攻撃を行うパレスチナの青年。サイード(カイス・ナシフ)とハーレド(アリ・スリマン)。この二人を主人公とすれば、自爆攻撃の犠牲者遺族から激しい抗議が出ることは止める術はないであろう。だが、本作品は彼らを英雄視して描いている訳ではない。そこに至るまでの様々な逡巡を見せることで、現実の一端を焼きつけようとしているのだ。こうした男たちが今日も命を散らしていく。

サイードの母を演じるヒアム・アッバスは、「シリアの花嫁」(2004)、「扉をたたく人」(2007)、「リミッツ・オブ・コントロール」(2009)など注目作品に出演を続け、注目しておきたい女優さんの一人です。

|

« ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ | トップページ | 純喫茶磯辺 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/46814752

この記事へのトラックバック一覧です: パラダイス・ナウ:

« ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ | トップページ | 純喫茶磯辺 »