« サブウェイ123 激突 | トップページ | モンゴル »

2009/10/15

縞模様のパジャマの少年

製作年:2008年
製作国:イギリス/アメリカ
監 督:マーク・ハーマン

あぁ、なんという結末だろうか。強制収容所のフェンス越しに友情を築いていく二人の少年。ナチス将校を父に持つブルーノ(エイサ・バターフィールド)と縞模様の“パジャマ”を着たシュムエル(ジャック・スキャンロン)。この二人の友情に明るい未来などないことは自明である。

だが、その悲劇的な道程をすっかり見誤っていた。てっきり、別の話を予想していたのである。終盤に入るくだりで、その結末は読めてくるので、意外性に驚くことはない。その悲劇を止められないもどかしさで、心がかき乱されるのである。タイトルが深く心に突き刺さるのであった。

|

« サブウェイ123 激突 | トップページ | モンゴル »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/46494412

この記事へのトラックバック一覧です: 縞模様のパジャマの少年:

» mini review 10440「縞模様のパジャマの少年」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
ナチス将校を父親に持つドイツ人少年と強制収容所内のユダヤ人少年との友情と哀しい運命を描いた心揺さぶる人間ドラマ。ジョン・ボイン原作の世界的ベストセラーを、『ブラス!』『リトル・ヴォイス』のマーク・ハーマン監督が映画化。主人公となる二人の少年をオーディションで選ばれたエイサ・バターフィールドとジャック・スキャンロンが演じ、デヴィッド・シューリスやヴェラ・ファーミガといった実力派が脇を固める。人種など問わない純粋な友情と、戦争がもたらす子どもたちの宿命に胸が痛む。[もっと詳しく] 悲劇はいったいどこ... [続きを読む]

受信: 2010/02/16 02:00

» 『縞模様のパジャマの少年』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「縞模様のパジャマの少年」□監督・脚本 マーク・ハーマン □原作 ジョン・ボイン □キャスト エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン、アンバー・ビーティー、デヴィッド・シューリス、ヴェラ・ファーミガ、、ルパート・フレンド、デヴィッド・ヘイマン■鑑賞日 8月15日(土)■劇場 恵比寿ガーデンシネマ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> かなり下馬評の高かったこの映画。 予告編であまりにも期待を膨らませた方々も多かったに違いない。 ブロガーさ... [続きを読む]

受信: 2010/02/17 08:26

« サブウェイ123 激突 | トップページ | モンゴル »