« 縞模様のパジャマの少年 | トップページ | 3時10分、決断のとき »

2009/10/20

モンゴル

製作年:2007年
製作国:ドイツ/カザフスタン/ロシア/モンゴル
監 督:セルゲイ・ボドロフ

これでもかというくらいテムジン(浅野忠信)が放浪や捕らわれの身になっているエピソードが続く。どんな苦難が続こうと、最後にはチンギス・ハーンになると分かっているので心配はいらぬのであるが、それでも、目を背けたくなってしまいます。それでいて、なぜあれほどの大帝国を築くことができたのか、その諸事は全く描かれていない。執拗にテムジンの人格形成の経過を追い続けていく。

モンゴルの大自然の風景描写が素晴らしく、冷徹な美しさに目を奪われます。少年時代、アンダ(盟友)の誓いを交わしたジャムカ(スン・ホンレイ)との対決が物語を盛り上げていきます。「蒼き狼 地果て海尽きるまで」(2006)を合わせ見ると興味深い。

|

« 縞模様のパジャマの少年 | トップページ | 3時10分、決断のとき »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/46538849

この記事へのトラックバック一覧です: モンゴル:

« 縞模様のパジャマの少年 | トップページ | 3時10分、決断のとき »