« セントアンナの奇跡 | トップページ | 湖のほとりで »

2009/09/09

きみの友だち

製作年:2008年
製作国:日本
監 督:廣木隆一

単に同じ速さで歩いてくれるから交通事故で足が不自由になった主人公・恵美は、病弱な少女・由香と親友になったのではない。自分自身をも切り刻む辛辣な恵美の言葉をしっかりと受け止め、由香が応えようとしたからだと思う。雨の朝、恵美を迎えにきた由香の姿を見て、大いに感涙いたしました。

こうした優しさの洗礼を受けて恵美自身も大いに救われたと思う。だから、近寄りがたい態度を見せながら、ハナ(吉高由里子)や佐藤(柄本時生)たちに対して優しい言葉を掛けることができるのだ。二人の少女から生まれた思いやりの心が、時間を経て少しずつ広がっていく。その余波がとても心地よく感じました。

|

« セントアンナの奇跡 | トップページ | 湖のほとりで »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/46166990

この記事へのトラックバック一覧です: きみの友だち:

« セントアンナの奇跡 | トップページ | 湖のほとりで »