« 敵こそ、我が友 戦犯クラウス・バルビーの3つの人生 | トップページ | セントアンナの奇跡 »

2009/09/06

ボルト

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監 督:バイロン・ハワード/ クリス・ウィリアムズ

やはり映画は脚本が大切であると思う。飼い主の少女ペニー(マイリー・サイラス)を守るために改造されたスーパードッグであると信じていた世界は虚構であったと突き付けられるボルト(ジョン・トラヴォルタ)。こうした物語自体、けっして珍しいものではない。だが、この映画にグイグイと惹きつけられてしまうのは、ドラマ展開に必然性が感じられるよう説得力を持ったシーンが丁寧に作られているからだろう。

例えば、ボルトがトレーラーハウスから抜け出してしまうくだり。いじわる猫が関わることになるが、ここも場当たり的でなくきちんと伏線の張ったものである。この出発点からして上手いと思う。ここから始まるボルトの冒険は、そうした丁寧な作りで語られていく。その繰り返しが最後の大感動を呼ぶのだ。

|

« 敵こそ、我が友 戦犯クラウス・バルビーの3つの人生 | トップページ | セントアンナの奇跡 »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/46138233

この記事へのトラックバック一覧です: ボルト:

» ボルト [★YUKAの気ままな有閑日記★]
吹き替え版で鑑賞【story】アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに間違いで運ばれてしまい、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる。しかしテレビショーの中で発揮する、数々のスーパーパワーを自分のものだと信じて疑わないボルトは―     監督 : バイロン・ハワード クリス・ウィリアムズ【comment】       とっても面白かったで〜す犬好きのせいかなぁ〜ボルトちゃんの全ての行動が愛おしくって、最初っから最後まで... [続きを読む]

受信: 2009/09/08 12:11

« 敵こそ、我が友 戦犯クラウス・バルビーの3つの人生 | トップページ | セントアンナの奇跡 »