« 20世紀少年 第1章 終わりの始まり | トップページ | ハリー・ポッターと謎のプリンス »

2009/09/14

HACHI 約束の犬

332771_01_02_02

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監 督:ラッセ・ハルストレム

ハチは本当にパーカー(リチャード・ギア)が亡くなったのを知らなかったのだろうか。だって、パーカーに異変が起きる朝、それまで見向きもしなかったボール遊びをしようとして気を引くくらい、パーカーの出勤を拒もうとしたのではないか。日課としている夕方5時にパーカーが駅に現れなかっただけで、ハチには何があったか察した筈だ。

そんな彼が、ただ無為にパーカーの死後10年以上も、駅へ迎えに行くわけがない。帰ってこないパーカーを待ち続けるのは、人間と犬の垣根を越えた絆を持ちえた感謝の気持ちからではないであろうか。パーカーの代わりは他に誰もいない。娘夫婦の家庭では生きていけないのだ。忠実にリメイクされているようで、実は忠犬ハチ公という概念を見事に解体しているように感じた。

|

« 20世紀少年 第1章 終わりの始まり | トップページ | ハリー・ポッターと謎のプリンス »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/46212553

この記事へのトラックバック一覧です: HACHI 約束の犬:

» 「HACHI 約束の犬」(HACHIKO:A DOG'S STORY) [シネマ・ワンダーランド]
「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」や、「シッピング・ニューズ」「サイダーハウス・ルール」などの作品で知られるスウェーデン出身の名匠、ラッセ・ハルストレムが、メガホンを執った大学教授と迷い犬との交情を描くヒューマン・ドラマ「HACHI約束の犬」(2008年、米、リチャード・ギア製作、93分)。この映画は、日本の「ハチ公物語」(1987年、神山征二郎監督)を米国東部海岸地域に舞台を移してリメイクしたもの。... [続きを読む]

受信: 2010/05/05 12:01

« 20世紀少年 第1章 終わりの始まり | トップページ | ハリー・ポッターと謎のプリンス »