« ファニーゲーム U.S.A. | トップページ | 人生に乾杯 »

2009/08/23

扉をたたく人

Img2cc1eba5zikazj

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:トム・マッカーシー

何故、ウォルター(リチャード・ジェンキンス)はマンハッタンの別宅で不法に暮らしていた見知らぬ若いカップル、タレク(ハーズ・スレイマン)とゼイナブ(ダナイ・グリラ)に対して温情を掛けたのであろうか。冒頭からの二場面を見れば、とてもそんな情けをかけるような男には思えないのである。ポイントは、アパートの扉を開けると、すぐ目につくところに飾ってあった花ではなかったかと思う。

実は彼らも詐欺に遭っていたのだが、それでも部屋を乱雑に使っていれば、助けようとする気も起きなかったであろう。頑迷なまでに自己を閉ざしてきたウォルターに欠けていたのは、美しい花を飾ろうとするような潤いの心だったのではないか。この花瓶のアイテムは、タレクの母親モーナ(ヒアム・アッバス)が滞在する時も、繰り返されている。ジャンベ(アフリンカン・ドラム)に魅了されていくのも、溶け始めた心にその響きが沁み入ったからである。

|

« ファニーゲーム U.S.A. | トップページ | 人生に乾杯 »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/46003811

この記事へのトラックバック一覧です: 扉をたたく人:

« ファニーゲーム U.S.A. | トップページ | 人生に乾杯 »