« スター・トレック | トップページ | 大統領の陰謀 »

2009/07/06

愛を読むひと

製作年:2008年
製作国:アメリカ/ドイツ
監 督:スティーヴン・ダルドリー

映画を通して、一人の生涯を俯瞰してみることができる。本作品のヒロイン、ハンナ(ケイト・ウィンスレット)も場合もそうだ。彼女がその人生で何を選んできたか知り、それは正しくないと論評することもできる。ハンナは一つの秘密を守り続け、重い罪を背負っていく。時代も国も違う自分には、そんなことぐらいでとも思えるが、この映画には描かれていない部分こそ思いやらなければいけない。例えば、どんな環境で彼女は生まれ、どんな幼少時代を過ごしたのかということ。孤独に生きて、教育を受ける機会もなかったのではないだろうか。絶対に自分の弱さを見せてはいけない。その頑なな姿勢が彼女の生活を守り続けてきたのだ。戦犯裁判でも優先されてしまうくらいの強固な思い。そうした選択を安易に批評することはできないし、実際、その事実に一人気が付いたマイケル(デヴィッド・クロス)も沈黙を守る。

本作品はここから、様々な含みを残す。成人したマイケル(レイフ・ファインズ)が再び朗読を始めることにより、ハンナは誰にも頼らず学習を始める。ここまではいい。感動的な交流である。だが、それだけで終わらない。何故、ハンナの手紙に対して返事を出さないのか。あれだけのテープを送りながら、面会に行って直接朗読をしてあげようとしないのか。一定の距離を崩そうとしない姿勢を貫くマイケル。少なくとも、それはハンナの望むものではなかったはずだ。彼女の孤独は変わることなく続き、最後の決断になってしまったのではないだろうか。

|

« スター・トレック | トップページ | 大統領の陰謀 »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/45557887

この記事へのトラックバック一覧です: 愛を読むひと:

» 『愛を読むひと』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
ユナイテッド・シネマとしまえんに『愛を読むひと』を観に行ってきました。 今までの役柄とはちょっと異なる、彼女の新境地になってるんじゃないかなーって思います。 ******************** ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー「朗読者」を、『リ... [続きを読む]

受信: 2009/07/06 23:35

» 『愛を読むひと』 (2008)/アメリカ・ドイツ [NiceOne!!]
原題:THEREADER監督:スティーヴン・ダルドリー原作:ベルンハルト・シュリンク出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>1958年、ドイツ。15歳のマイケル(デヴィッド・クロ...... [続きを読む]

受信: 2009/07/07 05:08

» TheReader(2008) [犬連れ国際結婚]
元旦に映画を観ようと映画の時間も、ちゃんと調べて行ったのに、ちょっとした手違いで、観られず仕舞い。。。今年は元旦映画は観られなかった。しかしながら、何とか、ハズがヴァケーションが終わる前に、2つほど映画館で観る事が出来た。ハズと今年最初の映画はどれにし...... [続きを読む]

受信: 2009/07/07 14:33

» *愛を読むひと* [Cartouche]
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ=ドイツ 1958年、ドイツ。15歳のマイケルは、気分の悪くなったところを21歳年上のハンナに助けられたことから、二人はベッドを共にするようになる。やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、マイケルの想いは深まっていくのだったが、ある日彼女は突然マイケルの前から姿を消してしまう。数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、ハンナと法廷で再会する。彼女は戦時中の罪に問われ、ある秘密を隠し通したために窮地に追..... [続きを読む]

受信: 2009/07/07 21:10

» 愛を読むひと [映画、言いたい放題!]
ケイト・ウインスレットが嫌いです。(笑) だって、演技パターンみたいなのが決まっていて 何をやっても一色なんだもの。 しかしこの人、評価されてますよね。 アカデミー賞主演女優賞も取ったらしいし。 一応観ておきますか。 1958年のドイツ。 15歳のマイケルは21歳年上... [続きを読む]

受信: 2010/02/18 14:41

« スター・トレック | トップページ | 大統領の陰謀 »