« 夏時間の庭 | トップページ | ハイスクール・ミュージカル 2 »

2009/06/21

ハゲタカ

333057_01_01_02

製作年:2009年
製作国:日本
監 督:大友啓史

“お前は一体誰なんだ”という台詞が何度も反復されている。一方、劉一華(玉山鉄二)が守山(高良健吾)に熱く語る“誰かになるんだ”という台詞も、対になるように存在している。何故、絶望的な日本のマーケットに見切りをつけた鷲津(大森南朋)が、芝野(柴田恭兵)の要請を受けてアカマ自動車のホワイトナイトになるのか。何故、劉一華が圧倒的な中国資本を背景にアカマ自動車を買収しようとするのか。何故、三島由香(栗山千明)は業務命令を無視して派遣労働者のデモを取材しようとするのか。

心理描写にかなり不足も感じられるが、それぞれの自分の心にある誰かになろうと葛藤してことが分かる。それがうまくいくとは限らない。古谷社長(遠藤憲一)のようにすべて裏目に終わってしまうこともあるのだ。それでも、誰かになろうとする思いは誰にも止められないのである。

|

« 夏時間の庭 | トップページ | ハイスクール・ミュージカル 2 »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/45405001

この記事へのトラックバック一覧です: ハゲタカ:

» ハゲタカ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『誰かが言った。人生の悲劇は2つしかない。 ひとつは金のない悲劇。もうひとつは金のある悲劇。 世の中は金だ。金が悲劇を生む。』  コチラの「ハゲタカ」は、外資系ファンドから命を受けた天才ファンドマネジャーの鷲津政彦(大森南朋)が、日本企業を買い叩き、企...... [続きを読む]

受信: 2009/06/21 08:35

» ハゲタカ/大森南朋、玉山鉄二 [カノンな日々]
お気に入りの大森南朋さんの主演作品という事で見始めたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」。これがなかなか内容の濃い骨太な経済ドラマで思いっきりハマってしまったんですけど、もしかしたら映画化されちゃうじゃないなんて思ってたら、やっぱりきましたネ。『クライマーズ・ハイ』...... [続きを読む]

受信: 2009/06/21 09:18

» 『ハゲタカ』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
昨日の夜はYahoo!映画のレビュアー試写会で東宝本社試写室に『ハゲタカ』を観に行ってきました。 映画終わった後に監督とプロデューサーのティーチインがあったんですけど、昨日は一食も食べずに出かけてしまったものだから、ティーチインの最中にお腹が鳴る、鳴る。 かなり恥... [続きを読む]

受信: 2009/06/21 10:01

» 『ハゲタカ』 [ラムの大通り]
-----ハゲタカという言葉、イメージがよくないニャあ。 一時期、ハゲタカ・ファンドとかいうのもなかった。 「うん。これはまさしくそれ。 現代社会の根底をなす経済構造を描いている。 ちょっと前にNHKでミニ・シリーズとして放映され、 世界でも権威のある国際番組コンクール『イタリア賞』を始め、 国内外で数々の賞を受賞したらしい」 ----へぇ〜っ。そうニャんだ。 でも経済の話って、ニャんだか難しそうな気がするニャあ。 それに監督がテレビ畑の人だと、あまり期待できそうにないし。 「観るまではぼくもそう思... [続きを読む]

受信: 2009/06/21 10:51

» 映画「ハゲタカ」@ニッショーホール [masalaの辛口映画館]
 主権は東京新聞さん。客入りは8割ほど客年齢は非常に高い。  映画の話 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そ...... [続きを読む]

受信: 2009/06/21 12:15

» 『ハゲタカ』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ“ハゲタカ”の異名を持つ天才ファンドマネージャー鷲津は閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そんな鷲津のもとへ盟友・芝野が現われ、日本有数の大... [続きを読む]

受信: 2010/06/02 21:20

» ハゲタカ [悠雅的生活]
彼とは、決定的に何かが違う。 [続きを読む]

受信: 2010/06/26 16:38

« 夏時間の庭 | トップページ | ハイスクール・ミュージカル 2 »