« 接吻 | トップページ | 映画は映画だ »

2009/04/07

ザ・バンク 堕ちた巨像

333025_01_01_02

製作年:2009年
製作国:アメリカ/ドイツ/イギリス
監 督:トム・ティクヴァ

組織の中にありながら孤高の一匹狼として巨悪を倒すべき正義を貫く男。例えば、ダーティハリー・シリーズのハリー・キャラハン刑事などアクション映画では定番的なキャラクターだ。様々な障害を経て犯人を倒すことで一応のクライマックスを迎えるのが常道であるが、本作品のサリンジャー(クライヴ・オーウェン)はどうであろう。冒頭での彼の憂鬱な表情が象徴するように、そんな安易なカタルシスなど用意されていない。ここに現代性を感じる。

単に一企業の犯罪行為だけではないのだ。複雑な国際情勢が絡まりあって、取り締まる側も取り締まれる側も境界性が曖昧となっている。本気で追及しようとすれば、どこで火の粉がかかるか分からない。そのため、サリンジャーの捜査も妨害を受けるのだ。彼の選んだ方法で一応の決着を見せるが、果たしてこれが正義の道と言えるのか。別の悪を助長することになりかねない。ヒーローが苦難する時代なのだ。

|

« 接吻 | トップページ | 映画は映画だ »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/44597597

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・バンク 堕ちた巨像:

» [映画『ザ・バンク/堕ちた巨像』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆ちょいと忙しいので、短めに…。  『パヒューム』のトム・ティクヴァ監督の新作^^  幾つかの欠点はあれど、ウィリアム・フリードキンの狂気の演出にも似た、パワフルな勢いで最後まで見せてくれる良作であった。  欠点と言うのは、現代劇でありながらも、あまりにもアナログ過ぎやしないかと言うことであった。  例えば、主人公の「インターポール(この響きも前時代的)」捜査官サリンジャーは、国際銀行の犯罪捜査を続けるのだが、当然に捜査マニュアルの基本になっていなくてはならない各種防犯カメラの存在を、捜査の... [続きを読む]

受信: 2009/04/07 21:21

» 『ザ・バンク 堕ちた巨像』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----この頃、ニュースは 100年に一度の不況と、暗い話ばかり。 だからこんな映画も生まれるのかニャ。 フォーンが今日、 カタログハウス「シネマのすき間」で聞いたお話は、 主演こそクライヴ・オーウェンにナオミ・ワッツとメジャー級だけど、 観ていて身震いがするほど怖くなる 現実にチョー即したサスペンス。 あっ、これはフォーンが聞いた話。 まだ観たわけじゃニャいよ。 タイトルは『ザ・バンク 堕ちた巨像』。 画像もいっぱいあるから、 読んでみてね。           (byフォーン) 「ほんとに... [続きを読む]

受信: 2009/04/07 21:26

» 映画 【ザ・バンク −堕ちた巨像−】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ザ・バンク −堕ちた巨像−」 『パフューム ある人殺しの物語』のトム・ティクヴァ監督による、国際情勢の裏に潜む闇を描くクライム・サスペンス。 おはなし:ルクセンブルクに拠点を置く国際銀行、IBBC。この銀行の不審な取引情報をつかんだインターポール捜査官のサリンジャー(クライヴ・オーウェン)とニューヨーク検事局のエラ(ナオミ・ワッツ)は本格的な捜査に乗り出すが・・・。 IBBCのあるルクセンブルクという国は、神奈川県ほどの広さの国土に46万人の人口。世界でもトップレベルの豊かな国だそ... [続きを読む]

受信: 2009/04/07 23:21

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [LOVE Cinemas 調布]
主演のクライヴ・オーエンは『エリザベス:ゴールデン・エイジ 』などで観ていたものの、際立った俳優と言うイメージはありませんでした。一方共演のナオミ・ワッツは個人的に大好きな作品『イースタン・プロミス』のヒロインの印象が強いです。そして監督は『パフューム ある人殺しの物語』が鮮烈なイメージだったトム・ディクヴァです。予告編の印象ではちょっと難しそうなイメージでしたがどうなんでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2009/04/07 23:29

» 映画レビュー「ザ・バンク−堕ちた巨像−」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
The International◆プチレビュー◆金融界のモラルの逸脱をリアルに描く社会派サスペンス。美術館での銃撃戦は手に汗を握る。 【70点】 インターポール捜査官のサリンジャーは、国際メガバンクIBBC銀行の違法行為を暴こうとするが、新たな情報を得るたびに証言者や仲間が....... [続きを読む]

受信: 2009/04/07 23:56

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [だらだら無気力ブログ]
インターポール捜査官が執拗な妨害工作と圧力に遭いながらも違法行為に 手を染める巨大国際銀行を追い詰め、事件の真相究明に奔走する様を描いた サスペンス。インターポール捜査官のサリンジャーはニューヨーク検事局のエラらと共に 国際銀行IBBCの不審な取引情報を追..... [続きを読む]

受信: 2009/04/08 00:35

» ザ・バンク 堕ちた虚像 / THE INTERNATIONAL [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 巨大プライベート・バンクの陰謀を暴き、国際情勢の裏に潜む闇を描くクライム・サスペンス{/kaminari/} まず邦題がダメ〜{/ee_3/}  まるでインパクトない興味もそそられないタイトル{/m_0164/} 余計なサブタイトルでますます意味わからんくなっちゃってるし。 かと言って原題も普通なんだケド。 『ラン... [続きを読む]

受信: 2009/04/08 11:09

» 【ザ・バンク -墜ちた巨像-】 [日々のつぶやき]
監督:トム・ティクヴァ 出演:クライヴ・オーエン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタール     真実さえ、取引されるのか。 「インターポール捜査官のサリンジャーはニューヨーク検事局のエレノアと組み、国際メガバンクIBBC銀行の調査に当っ... [続きを読む]

受信: 2009/04/08 15:04

» ザ・バンク●堕ちた巨像 [銅版画制作の日々]
  原題: THE INTERNATIONAL 世界中の巨富が流れ込む、その銀行の莫大な資金の行方ーーーー。インターポール捜査官が辿りついた、隠された真相とは。 4月5日、仕事終了後、MOVX京都にて鑑賞。 追い詰める側が追い詰められるという逆転方向に・・・・・。究極のスパイラル・サスペンス。主演もかなり豪華です。クライヴ・オーエンに、ナオミ・ワッツ。そうそう、ナオミ・ワッツの「ファニーゲームU・S・A」を先日鑑賞したばかり。あれは凄い作品でした。彼女は、サスペンス作品が似合う。そしてクラ... [続きを読む]

受信: 2009/04/10 22:56

» ザ・バンク 堕ちた巨像/The International [うだるありぞな]
今回は、死の商人化した巨大銀行の不正を暴く「The International ザ・バンク 堕ちた巨像」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLZM+USrOCyqIwUwsmGDA2xS4P1czEhKQSAN87D54=] ランキングに参加してます。    世界の富裕層から莫大な資金が集まる、欧州一の巨大銀行「IBBC」。だが、その取引には、ある違法行為の疑惑があった…。ニューヨーク検事局のエレノア・ホイットマン(ナオミ・ワッツ)と共に... [続きを読む]

受信: 2009/04/13 11:42

» ザ・バンク 堕ちた巨像■器用に無難に・・・ [映画と出会う・世界が変わる]
非常に今日的な題材で、おそらくノンフィションの素材で作り上げたであろう物語は、なかなか面白く、衝撃的な内容のはずが、今ひとつ深みが感じられないのは、器用に無難にまとめすぎたせいかも知れない。従って、グッゲンハイム美術館での銃撃戦は非常に見応えがあり、ブ...... [続きを読む]

受信: 2009/04/13 22:04

» ★「ザ・バンク 堕ちた巨像」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で3本まとめ観っ。 その3本目。 [続きを読む]

受信: 2009/04/14 03:23

» ザ・バンク-堕ちた巨像- [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[映画レビュー] ブログ村キーワード 評価:7.0/10点満点 2009年34本目(32作品)です。 インターポール(国際刑事警察機構)捜査官のルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)は、世界第5位の巨大銀行のIBBCの不正行為を暴くために、ニューヨーク検事局のエレノア・..... [続きを読む]

受信: 2009/04/15 15:48

» ザ・バンク 堕ちた巨像■器用に無難に・・・ [映画と出会う・世界が変わる]
非常に今日的な題材で、おそらくノンフィションの素材で作り上げたであろう物語は、なかなか面白く、衝撃的な内容のはずが、今ひとつ深みが感じられないのは、器用に無難にまとめすぎたせいかも知れない。従って、グッゲンハイム美術館での銃撃戦は非常に見応えがあり、ブ...... [続きを読む]

受信: 2009/04/15 23:08

» 「ザ・バンク 堕ちた巨像」の感想です。 [MOVIE レビュー]
「ザ・バンク 」を観ました。この映画の全米興行成績は初登場7位で、次週は10位、そのまた次週は圏外へ!ってことで、アメリカではコケタみたいですけど、私は中々面白かったです。 アメリカって、こう言うヨーロッパやアフリカを舞台にした硬派の社会悪をテーマにした映画は 受けないのかな!?ディカプリの「ブラッド・ダイヤモンド」の時も、全米興行成績は初登場5位で浮上しないで沈みました。反政府組織の資金源となっている密輸ダイヤに絡む社会悪を白日の下に晒す内容で、 サスペンスとアクションと社会派ドラマがミックスさ... [続きを読む]

受信: 2009/04/20 02:22

» 【映画】ザ・バンク 堕ちた巨像…割と好きな作品、オチないけどね。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
「ワンダと巨像」とは関係ないです。 (…といつもと違って概要文付けてみたけど、本文中に書くタイミングが無かっただけです(^_^;)) [続きを読む]

受信: 2010/06/08 21:44

« 接吻 | トップページ | 映画は映画だ »