« ポチの告白 | トップページ | ひゃくはち »

2009/03/24

フィッシュストーリー

Fishstory02

製作年:2009年
製作国:日本
監 督:中村義洋

“フィッシュストーリー”とは、ほら話を意味するとは本作品を見るまで知らなかったが、近年これだけ爽快な気分にさせられる“ほら話”はない。彗星の衝突で滅亡の危機に瀕した地球。物語の焦点は、このピンチを一体、誰が救うのかに絞られる訳であるが、答えはなかなか見えてこない。5つの時代のエピソードが自由自在に交錯し、それぞれ魅力的な登場人物が配置され、大いに惹きつけられてしまう。特にバンドのリーダーを演じた伊藤淳史の好演が光る。これまでの彼にはない新たな魅力で輝いておりました。

この物語はどんな着地をするのか。決してありきたりではない、考え抜かれた運命の流れが明らかになったとき、上手いなぁと大いに唸りました。正義の味方は、一体誰だったのか。それは、この登場人物たち全員と言っても良い。何気ない人と人との関係によって、ある者は喜び、ある者は悔しがり、ある者は未来に夢を託す。“この時代で届かなかった想いが、時空をこえてつながっていく”という言葉が重々しく響きます。

|

« ポチの告白 | トップページ | ひゃくはち »

製作年:2009年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/44455340

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシュストーリー:

» フィッシュストーリー/伊藤淳史、高良健吾 [カノンな日々]
『アヒルと鴨のコインロッカー』の伊坂幸太郎さんの同名小説を映画化した作品です。大好きな作家さんですと言いつつも未だに一作品も読まずにいますけど実は一作だけ購入した本があるんです。でも何故か手をつけずに験担ぎを続けてます(笑)。 出演はその他に、多部未華子....... [続きを読む]

受信: 2009/03/24 21:55

» 『フィッシュストーリー』 [ラムの大通り]
「いやあ、これは涙が出るほどオモシロかったね。 中村義洋監督、 『ルート225』の頃からただ者じゃないと思っていたけど、 やってくれるね」 ----えっ。泣ける映画ニャの? 原作の伊坂幸太郎ってあまりそんな感じしないけど。 「いや、そうじゃないよ。 ここが説明しづらいんだけど、 観ている間、現実世界のアレやコレやを全部忘れることができる、 それほどにオモシロい映画ってこと。 まったく先を読むことができない、 そのストーリー展開と構成の妙。 いくつもの時代を描き、 最後はそれらが見事に繋がっていく。 ... [続きを読む]

受信: 2009/03/24 22:00

» フィッシュストーリー [  Art- Mill  ]
http://fishstory-movie.jp/ 伊坂幸太郎さんの「行ったり来たりの時空間」ワールドを、中村義洋監督がどう自分の世界に取り込むか。これが一番の興味だった。「フィッシュストーリー」、 [続きを読む]

受信: 2009/03/26 22:39

» フィッシュストーリー [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
私は伊坂幸太郎原作の映画とはどうにも相性が悪い。それを差し引いても、この映画はいただけない。70年代に活動した売れないパンクバンド逆鱗の楽曲「FISH STORY」を軸に、4つの時代の事件がバラバラに描かれ最終的には一つにつながって、2012年の地球滅亡の....... [続きを読む]

受信: 2009/03/26 23:51

» フィッシュストーリー [to Heart]
きっと、つながる 製作年度 2009年 上映時間 112分 原作 伊坂幸太郎 『フィッシュストーリー』(新潮社刊) 脚本 林民夫 監督 中村義洋 出演 伊藤淳史/高良健吾/多部未華子/濱田岳/森山未來/大森南朋/渋川清彦/石丸謙二郎/草村礼子 『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き、伊坂幸太郎の原作を中村義洋が監督したユーモラスでそう快な人間ドラマ。 {/book_mov/}1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾、渋川清彦、大川内利充)は、解散前最後の... [続きを読む]

受信: 2009/03/29 14:02

» 『フィッシュストーリー』 (2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュース:斉藤和義出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで...... [続きを読む]

受信: 2009/03/29 17:24

» フィッシュストーリー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『きっと、つながる』  コチラの「フィッシュストーリー」は、”発売当時だれにも聞かれなかった曲が、時空を超えて人々をつなぎ、世界を救う!「アヒルと鴨のコインロッカー」のチームが贈る、伊坂幸太郎ワールド第2弾!!”となる3/20公開のヒューマン・ファンタジー...... [続きを読む]

受信: 2009/03/29 19:58

» 『フィッシュストーリー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「フィッシュストーリー」□監督 中村義洋 □脚本 林 民夫 □原作 伊坂幸太郎(フィッシュストーリー」新潮社)□キャスト 伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田 岳、森山未來、大森南朋 ■鑑賞日 3月25日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  2012年ってもうすぐジャン 薄く誰が地球を救うんだぁ〜〜〜 原作は未読なので、この映画の予告編を観たときに先日観た『少年メリケンサック』と被ってる部分があるのかなぁと思ったが、個人... [続きを読む]

受信: 2009/03/29 21:25

» 【フィッシュストーリー】 [日々のつぶやき]
監督:中村義洋 出演:伊藤淳史、森山未來、浜田岳、高良健吾、多部未華子、大森南朋、石丸謙二郎 「1975年セックス・ピストルズがデビューする1年前、「FISH STORY」を最後に出して消えたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された、同級生の運転... [続きを読む]

受信: 2009/03/30 12:16

» 『フィッシュストーリー』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで「FISH STORY」を放った、早すぎたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された気弱な大学生。2009年、シージャックに巻き込まれた女子高生と、正義の味方になりたかったフェリーの... [続きを読む]

受信: 2009/03/30 20:49

» フィッシュストーリー [めでぃあみっくす]
つながった〜!気持ちいいくらいに1953年〜2012年までひとつにがつながっちゃった〜! 最後に「FISH STORY」がフルで流れるまではどないなるかと思ってましたが、まさか本当に誰にも聴かれなかったパンクレコードが世界を救うなんて、笑っちゃうほど面白かったです。 も....... [続きを読む]

受信: 2009/04/01 19:39

» 届け天国の弟へ! 『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗@SHIBUYA O-EAST [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
昨日の速報の通り、映画『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗へ行ってきた。映画の上映後に、監督・キャストによる舞台挨拶と、映画から飛び出しデビューしたバンド逆鱗の一夜限りの生演奏が行われた。会場はSHIBUYA O-...... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 18:24

» フィッシュストーリー [空想俳人日記]
魚の孤独 鯨も逃げる 正義かな  いやあ、おもしろい。最高に痛快○齧りな映画じゃった。・・・なあんて、一応は最高の褒め言葉のつもりで、屁理屈抜きでおしまいにして、すぐ感想を書こうと思ったんよ。でも、書けへんかった。そんなんで済ませて、ええんの? ずっと、そ... [続きを読む]

受信: 2009/04/09 22:33

» フィッシュストーリー [だらだら無気力ブログ]
『アヒルと鴨のコインロッカー』に続いて、伊坂幸太郎の原作を中村義洋 監督が映画化。 1970年代、全く売れなかったパンクバンドの1つの曲がいろんな人物が 交錯し、めぐりに巡った結果、地球滅亡の危機を救うという奇想天外な 時空を超えたストーリーを鮮やかに描く。201..... [続きを読む]

受信: 2009/04/12 00:52

» [映画『フィッシュストーリー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
★MOVIX昭島での、最終上映に駆け込んできましたよ^^  明日から、ロードショーがいっぱいだから、上映終了の映画も多いですな。    ◇  簡単に言うと、これは「小エピソード連鎖」の物語である。  とあるパンク(と言うジャンル名さえない頃の)バンドの売れない一曲から発した「無意識のメッセージ性」が、多くの人物の人生を介在し、最終的に地球を滅亡から救う。  普通、このような物語は、実写映画にすると、荒唐無稽になってしまうと思われるのだが、  「場(演劇で言うところの)」を限定し、でも、そ... [続きを読む]

受信: 2009/04/17 15:21

« ポチの告白 | トップページ | ひゃくはち »