« ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | トップページ | キャラメル »

2009/02/24

ディファイアンス

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監 督:エドワード・ズウィック

映画によって教えられる事が多いが、本作品を見て初めて知る事実があった。1941年、ベラルーシでもナチス・ドイツに占領されてユダヤ人狩りが行われていたこと。それに対抗し約1,200人ものユダヤ人の命を守ったビエルスキ兄弟。「シンドラーのリスト」(1993)、「戦場のピアニスト」(2002)を見た時にも驚いたが、まだまだホロコーストを主題にした映画は製作され続け、尽きることはない。

思いもかけずレジスタンス活動のリーダーとなってしまうトゥヴィア(ダニエル・クレイグ)。最初から絶対的指導者でないのがいい。様々な問題に直面し、失敗を重ねながら、何とか踏み留まって成長していくところに感心する。ジェームス・ボンドとは一味違う凄みを見せたダニエル・クレイグが好演している。

|

« ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | トップページ | キャラメル »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/44164830

この記事へのトラックバック一覧です: ディファイアンス:

» 『ディファイアンス』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ディファイアンス」□監督・脚本 エドワード・ズウィック □脚本 クレイトン・フローマン□原作 ネカマ・テク□ キャスト ダニエル・クレイグ、リーヴ・シュレイバー、ジェイミー・ベル、アレクサ・ダヴァロス、アラン・コーデュナー、マーク・フォイアスタイン、ミア・ワシコウスカ■鑑賞日 2月15日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 007(『007 慰めの報酬』)のジェームズ・ボンドよりもこのトゥヴ... [続きを読む]

受信: 2009/02/24 22:12

» ディファイアンス◇◆DEFIANCE [銅版画制作の日々]
ディファイアンスとは、「抵抗」という意味だそうです。 2月18日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。1000円でした! 俺たちは動物みたいに追われる。でも俺たちは動物じゃない。可能な限り“人間らしく”自由に生きるために、選ばれた存在なのだ。自由の日々を手に入れることが、俺たちの勝利。真の生を勝ち取るためにたとえ死ぬことがあっても、“人間らしく”死にたい。ーーートゥヴィア・ビエルスキ ユダヤ人がユダヤ人を救う、知らざれる感動の実話ーーーー。 ナチスドイツによるユダヤ人へのホロコーストは皆さんご存知だと... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 23:36

» ディファイアンス [だらだら無気力ブログ]
第二次世界大戦中、1200人近いユダヤ人の生命を救ったユダヤ人兄弟の ビエルスキ兄弟の功績を描いたドラマ。1941年、ベラルーシに侵攻したナチスドイツ軍は同地を制圧。 ナチス親衛隊と地元警察によってユダヤ人狩りが始まる。 両親を殺害されたトゥヴィア・ズシュ・アザエ..... [続きを読む]

受信: 2009/03/23 00:44

« ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | トップページ | キャラメル »