« セックス・アンド・ザ・シティ | トップページ | 少年メリケンサック »

2009/02/28

チェンジリング

332551view005

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監 督:クリント・イーストウッド

本作品を見ていて頭に浮かんだのは、北朝鮮拉致被害者家族会の人々である。忽然と姿を消した子供。理不尽とも言える当局の扱い。数年後になって明らかとなる驚愕の事件真相。本作品は1928年を舞台にしているが、不条理な事件は後を絶たないし、帰宅しない子供を待つ家族の苦悩も変わりません。最後に語るクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の台詞が、心に突き刺さります。

惜しくもオスカーが逃してしまいましたが、アンジェリーナ・ジョリーは、そのキャリアの中でも最高峰といえる名演技を発揮。内面の悲痛と、一気にほとばしる激情を巧みに表現しておりました。それを引き出したクリント・イーストウッド監督の演出手腕も燦然と輝きます。

|

« セックス・アンド・ザ・シティ | トップページ | 少年メリケンサック »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/44204501

この記事へのトラックバック一覧です: チェンジリング:

» チェンジリング [Yuhiの読書日記+α]
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 23:32

» 映画 【チェンジリング】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった・・・。 イーストウッド監督作品ってもう最初から信頼を置いて見てしまう自分がいます。監督独特の落ち着いた色彩の画面が1920年代という時代にマッチし、また、監督自身が作曲した音楽の... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 23:47

» 映画「チェンジリング」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件~ 天使が住んでいたというロサンゼルスは1928年のこと、電話会社で主任を勤めるシングルマザーのクリ... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 00:19

» チェンジリング [Akira's VOICE]
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!   [続きを読む]

受信: 2009/03/01 11:20

» 『チェンジリング』 [ラムの大通り]
(原題:Changeling) -----これってクリント・イーストウッド監督の新作だよね。 彼とアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせって 少し意外な気がするニャあ。 「うん。観る前はぼくもそう思ったんだけど、 観ているうちになるほどと…。 というのも、 これが思ったよりも極めて社会性の強い内容だったんだ」 ----“チェンジリング”って、 ヨーロッパの民話で、 妖精が人間の子供をさらった後に置いていく妖精の子供のことでしょ? 「本来はそういうことみたいだね。 この映画でも、 クリスティン(アン... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 11:52

» 『チェンジリング』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです>>『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー/ドラマ製作年・製作国: 2008年・アメリカ上映時間: 142分監督...... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 23:00

» チェンジリング [★YUKAの気ままな有閑日記★]
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消す。それから5ヶ月後、警察が連れてきたイリノイ州で発見された少年は別人だった。だが、見知らぬ少年は、自分がウォルターだと言い張った。クリスティンが、「この子は自分の息子とは別人だ―」と訴えても警察は聞き入れてくれず―    監督 : クリント・... [続きを読む]

受信: 2009/03/02 00:25

» 『チェンジリング』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、ガトリン・グリフィス■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 『7つの贈り物』を観たすぐあとに観る作品だったので、被った... [続きを読む]

受信: 2009/03/02 08:57

» 【チェンジリング】 [日々のつぶやき]
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも... [続きを読む]

受信: 2009/03/02 11:41

» チェンジリング●○CHANGELING [銅版画制作の日々]
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身をもって体験するのが、本作の主人公クリステイン・コリンズなのである。 3月3日〜〜!ひな祭りですね。3月最初の映画レビューは、アンジー主演、クリント・イーストウッド監督の「チェンジリング」です。鑑賞したのは2月24日でした。今回のアンジーは今までと... [続きを読む]

受信: 2009/03/03 22:47

» チェンジリング [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
チェンジリング’08:米 ◆原題:Changeling◆監督・製作: クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・....... [続きを読む]

受信: 2009/03/05 22:48

» Changeling(2008) [犬連れ国際結婚]
オーストラリアからアメリカに帰って来て最初に映画館で観た映画は、 『Changeling』だった。監督は、ClintEastwood(クリント・イーストウッド)で、制作者の1人でもあり、音楽も担当している。主演は、Angelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー)で、1920年代の...... [続きを読む]

受信: 2009/03/06 01:52

» 映画『チェンジリング』 [頑張る!独身女!!]
『母は強』 [続きを読む]

受信: 2009/03/06 13:52

» 「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド、主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年。シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、9歳の息子ウォルターと、ロサンゼルス郊外で暮らしていた。電話会社に勤め、日々忙しく働くクリスティン。そんな彼女にとって、ウォルターは心の支えであり、その存在は、彼女の全てでもあっ... [続きを読む]

受信: 2009/03/06 21:47

» チェンジリング [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[チェンジリング] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年19本目(17作品)です。 この映画を観て思ったこと。 ①母は強し! ②人間は誰かの助けがないと生きていけないということです。 この作品が実話をベースにした作品だというんだから、恐ろしいです。「..... [続きを読む]

受信: 2009/03/07 10:35

» チェンジリング(映画館) [ひるめし。]
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―? [続きを読む]

受信: 2009/03/09 12:50

» チェンジリング [だらだら無気力ブログ]
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリード..... [続きを読む]

受信: 2009/03/09 23:40

» 『チェンジリング』2009・3・1に観ました [映画と秋葉原と日記]
『チェンジリング』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、電話会社で交換手を束ねる責任者の一人として上司からも仕事は高く評価される存在だったが... [続きを読む]

受信: 2009/03/14 17:58

» チェンジ・リング を観ました。 [My Favorite Things]
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。 [続きを読む]

受信: 2009/03/14 20:59

» 「チェンジリング」 [てんびんthe LIFE]
「チェンジリング」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 実話ということは知っていましたが、ここまでひどい事実があったとは。 戦争とか、テロとか国を巻き込む政治的な思想とかがあるわけでもなく、単に1個人の欲求のためだけに人生を狂わせられてしまったたくさんの人々。 それも子供を中心に殺していくという極悪犯。 きっかけすらつかもうとしない警察。 戦後間もないアメリカでも日本と同じようにどうにか生きていこうとする一般人の弱みに付け込んだ犯罪。 といってもこれは犯罪だけで済まされないものがあってそれ以... [続きを読む]

受信: 2009/03/16 22:19

» 映画:チェンジリング [よしなしごと]
 久々に、たぶん1年以上ぶりに銀座で映画を観ることに・・・。知らない間に日劇がTOHOシネマズになっていて、14日だったので、TOHOの日ということで1,000円で鑑賞。最近はちょっとした繁華街に映画館が乱立されているので銀座で観る人って減っているのかと思いきや、かなりの人でした。と言うわけで、チェンジリングを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009/03/21 15:34

» 「チェンジリング」:古川橋バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}時代屋なんて、村松友視の小説みたいな骨董屋ね。 {/kaeru_en4/}しかし、古き良き時代を感じさせるものはいいよな。 {/hiyo_en2/}1920年代のロサンゼルスでも? {/kaeru_en4/}そりゃあ、クリント・イーストウッド監督の映画「チェンジリング」みたいに息子を誘拐された母親にとっちゃあ最悪の時代だろうけど。 {/hiyo_en2/}しかも、5ヶ月ぶりに発見された息子が、実の息子ではなかったというミステリー。 {/kaeru_en4/}警察はその取り違... [続きを読む]

受信: 2009/03/25 20:15

» チェンジリング ▲42 [レザボアCATs]
これまた素晴らしかった!最後の最後まで、ハラハラしながら、かなり面白く見れてしまった作品。 [続きを読む]

受信: 2009/04/14 04:27

» チェンジリング [シャーロットの涙]
家族への想いに心うたれ・・・ [続きを読む]

受信: 2009/04/22 01:31

« セックス・アンド・ザ・シティ | トップページ | 少年メリケンサック »