« キャラメル | トップページ | チェンジリング »

2009/02/27

セックス・アンド・ザ・シティ

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監 督:マイケル・パトリック・キング

どんなに気持ちを通じあった恋人たち(もしくは、夫婦たち)であっても、時間が経ってくるとどこかですれ違いが生じてくる。相手を気遣う気持ちと自分の気持ちを優先したいと気持ちが、絶えず心の中で葛藤しているからではないか。どちらか偏り過ぎると苛立ちが募り、いつしか相手との関係に歪みが生じてくる。どこかでバランスを取れるといいのであるが、なかなか難しい。

そんな時、気の置けない友人たちがいると、どんなに救われるだろうと思える本作品である。テレビシリーズを全く見ていない自分でありますが、それでも面白く鑑賞できたのは、4人の女性たちのキャラクター分けがしっかりしているからだろう。それぞれがどこかで悩み、どこかでつまずき、どこかで克服していく。その前向きな姿勢を見ているだけで、どこか励まされます。

|

« キャラメル | トップページ | チェンジリング »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/44193900

この記事へのトラックバック一覧です: セックス・アンド・ザ・シティ:

» 映画 【セックス・アンド・ザ・シティ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「セックス・アンド・ザ・シティ」 テレビドラマの最終回から4年。映画になって彼女たちが帰ってきた! おはなし:今や作家として成功したキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、とうとうビッグ(クリス・ノース)と結婚することに!一方、俳優の恋人スミスとロサンゼルスに住むサマンサ(キム・キャトラル)は、NYの暮らしを恋しく感じていた。 映画を見る前に全シーズンを復習しておこうと思ったのですが、時間が無くて間に合わずシーズン6は未見のままです(泣) でも、心配無用でした。 ちゃんとそれぞれ... [続きを読む]

受信: 2009/02/27 22:25

» 映画「セックス・アンド・ザ・シティ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:SEX and the CITY 決して過激なセックスシーンを見たいんじゃなくて、2008年8月までのチケットが余って時間もちょうどよかったんですよね・・・まぁ言訳はいらないですねぇ・・・ でも肝心の??過激なセックスシーンなんてなくて、どちらかと言えば「ラブ・アクチュアリ... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 11:10

» 『SEX AND THE CITY セックス・アンド・ザ・シティ』 [ラムの大通り]
(原題:Sex and The City The Movie) 「今日はいつもとは違う、 ちょっと変わった体験をしたね」 ----えっ、どういうこと? これって、アメリカで記録的なヒットをしている映画でしょ。 確か、人気テレビシリーズの劇場版と聞いたけど…。 「うん。主人公は4人の女性。 しかもあまり映画では有名じゃない人ばかり。 ぼくみたいにテレビを観ていない人は ついていけないんじゃないかと心配しながら 試写会室に足を運んだんだけど…」 ----だけど…? 「やはりその人気は高いようで、 な... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 11:35

» 【SEX AND THE CITY】 [日々のつぶやき]
監督:マイケル・パトリック・キング 出演:サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン 大好きな大好きなドラマです♪ DVDBOXも持っていて、何度も繰り返しみては楽しんでいたドラマ。 触発されてマノロの... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 17:19

« キャラメル | トップページ | チェンジリング »