« レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで | トップページ | 20世紀少年 第2章 最後の希望 »

2009/02/13

英国王 給仕人に乾杯

製作年:2006年
製作国:チェコ/スロヴァキア
監 督:イジー・メンツェル

駅のソーセージ売りからプラハ随一のホテルで主任給仕まで昇格していくヤン(イヴァン・バルネフ)。どんな地位にあろうとも彼のシニカルな視線は変わらない。そのことを表しているのが、何度も繰り返される小銭のばら撒きであろうと思う。どんな富豪であっても、わずかな小銭のために四つん這いになってしまう姿は実に滑稽だ。それでいてどこか物悲しい。あさましいと言ってしまえばそれまでであるが、人の営みというものはそういうものなのかもしれない。富める者がいつか凋落し、別のものが台頭する。その波のような繰り返し。ヤンの数奇な生涯は、チェコの現代史に沿って綴られている。

|

« レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで | トップページ | 20世紀少年 第2章 最後の希望 »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/44049809

この記事へのトラックバック一覧です: 英国王 給仕人に乾杯:

» 「英国王給仕人に乾杯!」おかしくて、物悲しいチェコの近代史 [soramove]
「英国王給仕人に乾杯!」★★★ イヴァン・バルネフ、オルドジフ・カイゼル、ユリア・イェンチ主演 イジー・メンツェル監督、チェコスロバキア 、2007年、122分 「誰でも願う理想の生活をかなえようとする 主人公の生真面目な生き方が なんともおかしく、そしてどこか物悲しい」 名古屋には真面目な映画館がある、 名古屋駅近くの「シネマスコーレ」と 今池にある「シネマテーク」だ。 この二つの映画館ではシネコンでは 上映されないマイナーな映画が上映されている... [続きを読む]

受信: 2009/03/07 22:22

» 英国王給仕人に乾杯! [Art- Mill  ]
英国王給仕人に乾杯 HP http://www.bowjapan.com/iservedtheking/ 「小は大より美し、、、、。」 「全世界が絶賛、笑いと愛のメンツェル映画の最高傑作」 とあるが、笑うに笑えないシニカ [続きを読む]

受信: 2009/03/11 00:41

« レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで | トップページ | 20世紀少年 第2章 最後の希望 »