« ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト | トップページ | 青い鳥 »

2009/01/07

ワールド・オブ・ライズ

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監 督:リドリー・スコット

どんなに最新のテクロノジーを駆使しようとも、生の情報は現場で動く工作員からしか入手できない。これはどんなに時代であろうと変わらない。その労を忘れてはいけないし、傲慢になったものは相応の報復を受ける。1万2000メートルの上空から群集の中の1人を探し出せる驚異の無人偵察機。家庭生活を続けながら、現地と打ち合わせ可能な携帯電話。偽情報を次々と捏造できるコンピューター。これほどの情報機器があろうとも、テロリストを追い詰めることができないのである。この皮肉さ。空回りを続けるフェリス(レオナルド・ディカプリオ)とホフマン(ラッセル・クロウ)のアメリカ・コンビに対して、颯爽と存在するヨルダン情報局長官ハニ(マーク・ストロング)。両者の対比が、その矛盾を強く印象付ける。

|

« ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト | トップページ | 青い鳥 »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/43669522

この記事へのトラックバック一覧です: ワールド・オブ・ライズ:

» ワールド・オブ・ライズ [Yuhiの読書日記+α]
デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、ヨルダン情報局ハニ(マーク・ストロング)とともに爆破テロ組織のリーダー、アル・サリームを追っていた。二人は反目し合いながらも協力し、中東に架空のテロ組織をでっち上げ、アル・サリームをおびき出そうと試みるが……。 レオナルド・ディカ... [続きを読む]

受信: 2009/01/13 23:22

» 『ワールド・オブ・ライズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ワールド・オブ・ライズ」□監督・製作 リドリー・スコット □原作 デヴィッド・イグネイシャス (「Body of Lies」)□脚本 ウィリアム・モナハン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー■鑑賞日 12月31日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 今年最後の映画に選んだのがこの映画。 公開して少し経っているものの、... [続きを読む]

受信: 2009/01/19 07:34

» ワールド・オブ・ライズ を観ました。 [My Favorite Things]
第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。 [続きを読む]

受信: 2009/01/23 14:24

« ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト | トップページ | 青い鳥 »