« ブレス | トップページ | そして、私たちは愛に帰る »

2009/01/27

エグザイル 絆

製作年:2006年
製作国:香港
監 督:ジョニー・トー

ジョニー・トー監督は、熱き男たちの絆とロマンを映像美豊かに描き出したノワール・ムービーを延々と作り続けているような印象を持つが、フィルモグラフィーを眺めればラブ・ストーリーやコメディも多く手がけており、なかなか才能豊かな映画人である。それでも、本領発揮しているのは、やはりノワールものであり、その頂点とも言えるのが本作品だ。脚本なしで撮影を進めていくことを象徴するようなコイントス。それでも破綻することなく、ひとつの結末に収斂していくところが素晴らしい。クールで強面な表情に隠された少年性。それを秘めた男たちだから、義兄弟の絆を守り続けることができたのであろう。ひたすら格好良い映画であった。

|

« ブレス | トップページ | そして、私たちは愛に帰る »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/43874918

この記事へのトラックバック一覧です: エグザイル 絆:

» 『エグザイル/絆』 [ラムの大通り]
(原題:Exiled/放・逐) ※見どころに触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、最近人気のジョニー・トーの作品だよね。 けっこう評判がいいみたいだけど? 「そうなんだよね。 まるで映画史上の“事件”であるかのように 騒がれているものだから、 いったいどんな映画だろうと、 観るのが楽しみで仕方がなかったんだけど、 なるほどなるほどだね」 ----どういうところが 他の映画と違うの? 「うん。これは他の映画と“違う”のではな... [続きを読む]

受信: 2009/01/27 22:35

» エグザイル/絆◎アンソニー・ウォン主演◆ジョニー・トー監督作品 [銅版画制作の日々]
実はほとんど鑑賞していない中国・香港映画。今回は非常に気になっていたもので、今週月曜日、「エグザイル・絆」を鑑賞してきました。主演を務めるアンソニー・ウォンも、名前は知っている程度です。だけど、名前と顔が一致しない(汗)どの人??近々、オダギリジョーと共演した「プラステック・シティー」が公開するそうです。 結局パンフレットを購入することにしました。おぉ〜この人が、アンソニー・ウォンか!えぇ〜私より若い?老けて見えるな。そうそうあの「ディパーデッド」の本家である、「インファナル・アフェア」シリー... [続きを読む]

受信: 2009/02/01 11:07

» エグザイル/絆 [  Art- Mill  ]
エクザイル/絆 HP http://www.exile-kizuna.com/ 香港ノワールの様式美満載であり、久しぶりに血が騒いだ。こんなハチャメチャな「ピストルごっこ」を観ると、一昔前の日本のヤクザ映画 [続きを読む]

受信: 2009/04/26 21:33

« ブレス | トップページ | そして、私たちは愛に帰る »