« 神童 | トップページ | 2008年ベストテン »

2008/12/29

舞妓 Haaaan

製作年:2007年
製作国:日本
監 督:水田伸生

映画初主演となる阿部サダヲのハイテンションな演技が圧巻。フィルモグラフィーを眺めれば「トキワ荘の青春」(1996)のような作品もあるけれど、どこか破天荒なキャラクターの方が印象に残る俳優だ。その勢いは「パコと魔法の絵本」(2008)にも続いているところは見事である。これからの活躍も楽しみ。そして、ミュージカルシーンの楽しさと言ったらない。この歌って踊っての場面をもっと追加して欲しいくらいだった。お茶屋遊びよりも、内藤(堤真一)との意地の張り合いの方に物語が傾いていくところは、面白いといえば面白いのであるが、バランスを崩してしまっている感じも受ける。 富士子(柴咲コウ)のキャラも、いまひとつ弱い。

|

« 神童 | トップページ | 2008年ベストテン »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/43568908

この記事へのトラックバック一覧です: 舞妓 Haaaan:

« 神童 | トップページ | 2008年ベストテン »