« ゲット スマート | トップページ | デトロイト・メタル・シティ »

2008/11/06

ウォンテッド

製作年:2008年
製作国:アメリカ
監 督:ティムール・ベクマンベトフ

単にスゴ腕の暗殺集団ではない。超人的な能力を有する異質の組織である。“運命の意志”を織り込む謎の機織り機に導かれた長い歴史の暗殺集団が、何故、仲間割れを起こしていたのか。その事が最初から気になっていたが、あまり触れられず、ただ裏切り者の一言だけである。その意味は後々に明らかになるが、戦争というものの欺瞞性を大いに感じてしまう。物事には表と裏があることを忘れてはならない。負け犬的精神から特異の暗殺者へ変わっていくウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)のくだりが面白かったが、後半はやや失速気味か。

|

« ゲット スマート | トップページ | デトロイト・メタル・シティ »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/43031698

この記事へのトラックバック一覧です: ウォンテッド:

» ウォンテッド [Yuhiの読書日記+α]
ティムール・ベクマンベトフ監督、ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン等が出演の新感覚アクションもの。 <あらすじ> 上司にはイビられ、恋人は寝取られと、散々な日々を送るウェスリーに突然の転機が訪れる。謎の美女フォックスと彼女が所属する暗殺組織に、暗殺者としてスカウトされたのだ。会社を辞め訓練を重ねたウェスリーは、その身体に秘められた才能も手伝って、一流の暗殺者として頭角を現す。そして彼は父を殺した敵であり組織の裏切り者でもある、クロスの暗殺任務に就くが……。(go... [続きを読む]

受信: 2008/11/08 00:17

» 映画「ウォンテッド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Wanted この映画は10代、20代に受けているそうで、お年寄りにはどうかとも思うけど、ビッグネームのヒロインに惹かれて、結局観に行ってしまった~確かに凄い~ 極普通の若者が使命を持って変身していくという物語の始まりはゲーム的でもあり、「ドラゴン・キング... [続きを読む]

受信: 2008/11/15 00:00

» 『ウォンテッド』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『ウォンテッド』を観ましたマーク・ミラー&J・G・ジョーンズによる人気グラフィック・ノベルを「ナイト・ウォッチ」のティムール・ベクマンベトフ監督がスタイリッシュに映像化。オスカー女優アンジェリーナ・ジョリー、『つぐない』のジェームズ・マカヴォイが規格外...... [続きを読む]

受信: 2008/11/19 08:27

« ゲット スマート | トップページ | デトロイト・メタル・シティ »