« リダクテッド 真実の価値 | トップページ | おくりびと »

2008/11/18

レッドクリフ Part 1

製作年:2008年
製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
監 督:ジョン・ウー

誰が書いた小説か忘れてしまうくらいはるか昔に「三国志」の物語を読んでおります。朧げながらも登場人物をイメージ化されていたのですが、本作品の曹操、劉備、孫権のキャストはなかなかのもの。かなりイメージに合っておりました。違っていたのは、諸葛亮役の金城武。このキャストに好意的な意見も多数目にしますが、どうも私には軽く感じてなりません。諸葛亮といえば、なんといっても“三顧の礼”という故事成語にもなったように劉備が三度も頭を下げて迎い入れた歴史上もっとも有名な軍師。それなのに、冒頭の劉備軍敗走の場面では、何も献策できず右往左往するばかり。ここで違うと思ってしまったのです。

|

« リダクテッド 真実の価値 | トップページ | おくりびと »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

突然の書き込み、大変失礼します。
管理人様、不適切な場合削除お願いいたします。
下記について告知させて下さい。


京都造形大で森崎東監督の未ソフト化映画2本を含む4作品を上映します。

第二回京都造形芸術大学映画祭

≪森崎東の愛と冒険≫

11/22(土) 

14:00~
『喜劇 女は度胸』(1969)
15:50~
『ニワトリはハダシだ』(2003)
18:00~
トーク「希望は戦争」
 森崎東×赤木智弘×北小路隆志

11/23(日)

14:00~
『生まれかわった為五郎』(1972)
15:55~
『喜劇 特出しヒモ天国』(1975)
17:30~
トーク「女の愛と冒険」
 森崎東×緑魔子×林海象

会場:京都造形芸術大学内 春秋座
http://www.k-pac.org/theatre/index.html

通し券 一般2500円/学生・シニア1500円
1日券 一般1500円/学生・シニア1000円
※ 学生・シニアの方は、要身分証明書提示

チケット取扱い:075-791-8240(平日10時~17時)京都芸術劇場チケットセンター

問い合わせ:075-791-8468(平日9時~17時)京都造形芸術大学 映画学科 研究室


『為五郎』と『ヒモ天国』は見逃すとそう簡単には観られません!
当日は豪華ゲストのトークを間近で見られること必見です!
まだ充分間に合いますのでぜひよろしくお願いします!

投稿: ニコユキ | 2008/11/19 00:16

そうですね。
彼は前半なにもしておりません。
後半、何とかトニー・レオンふんする武将を仲間に引き入れたぐらいです。
あとは、ただへらへら笑っているだけ
有名な軍師なのに、このあつかいはいかがなものか

投稿: | 2008/12/22 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/43155311

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ Part 1:

» レッドクリフ PartI [Yuhiの読書日記+α]
かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。 <あらすじ> 西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ性に魅了され... [続きを読む]

受信: 2008/11/19 00:18

» 「レッドクリフ Part1」大地を駆けるいにしえの男たち [soramove]
レッドクリフ Part1」★★★☆ トニー・レオン、金城武 主演 ジョン・ウー 監督、2008年、145分 三国志は中学の頃確か 読んだはず、 最近になって読み返そうかと 書店へ行ったら、分厚い文庫が5巻、 その背表紙を見ただけで退散した。 物語の量を考えると 中心となる人物はもちろん、 もっと語られるべき人たちの キャラクターも薄められているだろうが、 全部を忠実にというより 描きたいところをとりだしたのだろう、 心躍るシーンもいくつかあって、 見応え... [続きを読む]

受信: 2008/12/08 08:03

» 映画:レッドクリフ Part I [よしなしごと]
 歴史が苦手で三国志にも興味がない。そしてネタもとは忘れてしまいましたが、期待を裏切られた映画ベスト1位か2位にランクインしていたという記事を読んでもう観ないと決めていたんです。でも、他の人のブログを読むと結構評判が良い記事も多くあったので、最終日に観に行ってきました。と言うわけで、レッドクリフ Part Iを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009/03/23 23:53

« リダクテッド 真実の価値 | トップページ | おくりびと »