« しあわせのかおり | トップページ | ブーリン家の姉妹 »

2008/10/23

イントゥ・ザ・ワイルド

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:ショーン・ペン

人生は皮肉に満ちている。帰れる時には帰らず、帰りたい時には帰ることができない。クリス(エミール・ハーシュ)の選んだ行動は、“純粋”とも“無垢”とも言えるし、“無知”とも“無謀”とも言える。その双方が合い混じり、彼が望んだものとは違う結末を迎える。そのことに批判を加えることは容易い。しかし、彼が最後に抱いた実感こそ、我々が真に耳を傾けなければいけないものだろう。そうした境地を抱くことができただけでも、価値ある生涯であったと思う。

|

« しあわせのかおり | トップページ | ブーリン家の姉妹 »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/42884324

この記事へのトラックバック一覧です: イントゥ・ザ・ワイルド:

» 映画「イントゥ・ザ・ワイルド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:INTO THE WILD 予告も見ず、予備知識も何一つ得ないまま、ただタイトルに興味を惹かれての映画鑑賞だったけど、魂を揺さぶられると言っていい~衝撃の実話の映画化~ 本当に実話ということを知ったのは映画の最後のほうだったけど、最初のほうでは長くて退屈な映... [続きを読む]

受信: 2008/11/12 00:25

» イントゥ・ザ・ワイルド [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために』  コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンドレ....... [続きを読む]

受信: 2009/03/25 22:36

» 映画『イントゥ・ザ・ワイルド』を観て [KINTYRE’SDIARY]
81.イントゥ・ザ・ワイルド■原題:IntoTheWild■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:148分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:9月27日、テアトル・タイムズスクエア(新宿)ス... [続きを読む]

受信: 2011/02/07 21:51

« しあわせのかおり | トップページ | ブーリン家の姉妹 »