« ククーシュカ ラップランドの妖精 | トップページ | 百万円と苦虫女 »

2008/08/23

デイジー

製作年:2006年
製作国:韓国
監 督:アンドリュー・ラウ

殺し屋という非情な世界に生きる男に残されていた人を慈しむ気持ち。その稼業ゆえに正面だってヘヨン(チョン・ジヒョン)に会うことをしないパクウィ(チョン・ウソン)。彼の想いは、影に回って彼女を助け、デイジーの花を贈りつづける。だが、それだけで収まる筈はない。彼はついにヘヨンの前に立つのだ。本作品のマイナスポイントしてあげるのは、その一線を越えることという重大な場面を軽く流してしまうことだ。それはパクウィの人生を一変させる出来事である。その逡巡がきめ細やかに描写されていないので、ドラマに乗ることが出来なかった。

|

« ククーシュカ ラップランドの妖精 | トップページ | 百万円と苦虫女 »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/42244493

この記事へのトラックバック一覧です: デイジー:

« ククーシュカ ラップランドの妖精 | トップページ | 百万円と苦虫女 »