« | トップページ | 14歳 »

2008/08/18

雪に願うこと

製作年:2005年
製作国:日本
監 督:根岸吉太郎

学(伊勢谷友介)は何を獲得しようとしていたのか。都市生活への憧れ。自分だけは違うというエリート意識。ジリジリと焼けるような焦燥感。兄、威夫(佐藤浩市)には決して理解できないその思いは、例え東京での事業に失敗しても、兄の元には戻りたくなかった筈だ。それでも帰ってきたのは、母から無心できるかもしれないという甘い期待からであるが、それも外れてしまう。そして、兄に元で働くという屈辱的な道を選ぶしかなくなる。だが、その生活というのは、学が敵対視するようなものだったのだろうか。学の誤りは、自分以外の価値観を認めず、否定することにあった。ウンリュウの世話を通して、他の価値観に気付いていくのである。彼が東京で再起できるかどうか分からないが、これまでとは違う事業の進め方をするであろう。

|

« | トップページ | 14歳 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/42200348

この記事へのトラックバック一覧です: 雪に願うこと:

« | トップページ | 14歳 »