« 14歳 | トップページ | ククーシュカ ラップランドの妖精 »

2008/08/20

トゥヤーの結婚

製作年:2006年
製作国:中国
監 督:ワン・チュアンアン

本作品で最も印象に残るのは、吹雪の中、羊の放牧に出たまま家に戻らなかった息子を探しに出たトゥヤー(ユー・ナン)が、首尾よく息子を見つけた場面である。なんと羊を捨ておき、息子だけを抱きかかえて戻ってくるのだ。放牧民にとって、羊は生活の糧として何よりも大切なものである。それでも、トゥヤーは迷うことなく、息子を選んだ。ここに彼女の生き様が集約されていると思う。半身不随になった夫。毎日、何度も往復しなければならない水くみ。過酷な労働に蝕まれていく身体。その厳しい生活環境の中から逃げ出す選択肢は他にあったはずだ。だが、彼女は家族と一緒であることを最優先し、ぶれることがない。そのことである。それでも、現実の厳しさにつぶれそうにもなる。クライマックスの涙は、それを意味しているのではないか。だが、その涙は誰にも見せない。そして、トゥヤーは何度でも立ち上がるのだろう。そこに彼女の強さを感じる。

|

« 14歳 | トップページ | ククーシュカ ラップランドの妖精 »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/42218695

この記事へのトラックバック一覧です: トゥヤーの結婚:

« 14歳 | トップページ | ククーシュカ ラップランドの妖精 »