« トゥヤーの結婚 | トップページ | デイジー »

2008/08/21

ククーシュカ ラップランドの妖精

製作年:2002年
製作国:ロシア
監 督:アレクサンドル・ロゴシュキン

登場人物の規模こそ違え、主題的は韓国映画「トンマッコルへようこそ」(2005)に通じているものを感じる。敵同士が思わぬ形で共同生活を送ることになり、敵対心から共感へ少しずつ傾いていく。知ってしまえば、同じ人間なのである。知らないから戦えるのだ。言葉が三人とも通じない中でも、意思疎通は通じていく。一人の未亡人と二人の兵士たちが織り成す微妙な心情描写がユーモラスで心に残る。

|

« トゥヤーの結婚 | トップページ | デイジー »

製作年:2002年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/42227455

この記事へのトラックバック一覧です: ククーシュカ ラップランドの妖精:

» 映画『ククーシュカ ラップランドの妖精』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Kukushka 4年間男日照りという彼女、男の肌に触れただけで濡れてしまうなんて、なんて面白いんでしょう・・悲惨な戦時下とはいえラップランドに妖精が羽ばたく・・・ フィンランドといえばサウナぐらいしか思い当たるところがないが、夏に夜は無く、冬にお日様は拝め... [続きを読む]

受信: 2008/09/06 00:04

« トゥヤーの結婚 | トップページ | デイジー »