« 歩いても 歩いても | トップページ | ハンコック »

2008/08/30

涙そうそう

製作年:2006年
製作国:日本
監 督:土井裕泰

死に際の母の言葉を守り、血の繋がらない妹カオル(長澤まさみ)の面倒を見る洋太郎(妻夫木聡)。自分の飲食店を持ちたいという夢もかなえるために、必死に働き続ける。だが、余裕の無さからか、詐欺にあったり、病に倒れたりと、不運が襲い続ける。生真面目に真っ直ぐ生きることは、確かに美談になるし、感動するし、人々の共感を呼ぶだろう。だが、それで命を縮めてしまって、本当に良いのだろうか。ここで鮮明に浮かび上がってくるのは、洋太郎たち家族を捨ててジャズ演奏の生活を選んだカオルの実父(中村達也)の存在だ。彼は確かに非難されて仕方ない生き方を選んだが、自分を決して卑下していない。そこにある種の清々しさを感じる。

|

« 歩いても 歩いても | トップページ | ハンコック »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/42323307

この記事へのトラックバック一覧です: 涙そうそう:

« 歩いても 歩いても | トップページ | ハンコック »