« 三池 終わらない炭鉱(やま)の物語 | トップページ | 崖の上のポニョ »

2008/08/01

隠された記憶

製作年:2005年
製作国:フランス/オーストリア/ドイツ/イタリア
監 督:ミヒャエル・ハネケ

衝撃のラスト・シーンという評判を聞いていたので、どんなものだろうかと待ち構えていたが、あっけに取られる。何が凄いのか、さっぱり分からず、映画は終わってしまう。DVDなので、何回も繰り返して見るが、やっぱり分からない。ということで、鑑賞後に色々なレビューを読んでみて、何が衝撃なのかは分かりました。しかし、それが何を意味しているかは、観る者の判断に委ね様々な解釈をさせるようであります。一体、ビデオテープを送った者は誰だったのか。それは何のためであったのか。これも明確な答えが用意されていないのだが、それもこのラスト・シーンに結び付いていると考えるのが、順当であろう。罪を犯した世代から罪を贖う世代への時代の推移ということではないだろうか。

|

« 三池 終わらない炭鉱(やま)の物語 | トップページ | 崖の上のポニョ »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/42027383

この記事へのトラックバック一覧です: 隠された記憶:

« 三池 終わらない炭鉱(やま)の物語 | トップページ | 崖の上のポニョ »