« カンナさん大成功です | トップページ | いま、会いにゆきます »

2008/07/18

アンダーワールド エボリューション

製作年:2006年
製作国:アメリカ
監 督:レン・ワイズマン

仕組まれた戦い。前作でも種族同士の戦いの無意味さが根底に流れていたが、本作品もそれを継承している。家族を殺した復讐のため処刑人となったセリーン(ケイト・ベッキンセイル)。彼女が封印された記憶を取り戻していく過程の中で、ヴァンパイア(吸血鬼族)とライカン(狼男族)の激しい抗争の真実が明らかにされていく。セリーンとマイケル(スコット・スピードマン)の恋愛関係にあまり必然性が感じられず、ドラマ展開に不自然さを感じるところも多々ある。そうした弱点もあるが、権力闘争に利用される個人の哀しさが胸を衝く。

|

« カンナさん大成功です | トップページ | いま、会いにゆきます »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41891389

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーワールド エボリューション:

» アンダーワールド2 エボリューション(DVD) [ひるめし。]
私は、闘うことしかできなかった。 [続きを読む]

受信: 2009/03/19 13:34

» アンダーワールド:エボリューション/ケイト・ベッキンセイル [カノンな日々]
前作がよくわからない状態でこの続編を観ても楽しめないのも当然なくらいとても密な継続性を持った作品です。前編後編と2つで1作品と考えてもいいくらいなのかもしれませんね。 出演はその他に、スコット・スピードマン、トニー・カラン、ビル・ナイ、シェーン・ブロー....... [続きを読む]

受信: 2009/03/29 17:55

« カンナさん大成功です | トップページ | いま、会いにゆきます »