« クライマーズ・ハイ | トップページ | さよなら。いつかわかること »

2008/07/23

トム・ヤム・クン

製作年:2005年
製作国:タイ
監 督:プラッチャヤー・ピンゲーオ

動物園でしか見たことのない我々にとって、象と言えば愛らしくなごみを与えてくれる動物である。だが、神聖なものとして日常の中で当たり前のように共存しているタイ人とって、象の存在意義は大きなものなのであろう。兄弟のように暮らした小象を奪回するためタイからオーストラリアへ向かうというプロットは大袈裟にも思えるが、そうした背景を理解しなければならない。トニー・ジャーの鮮やかなアクション・シーンを楽しみながら、文化の違いを感じる。

|

« クライマーズ・ハイ | トップページ | さよなら。いつかわかること »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41944595

この記事へのトラックバック一覧です: トム・ヤム・クン:

« クライマーズ・ハイ | トップページ | さよなら。いつかわかること »